高妻山、乙妻山新人勧誘山行

[山域・山名] 高妻山、乙妻山

[登山スタイル・目的] 往復縦走、新人勧誘山行

[期 間] 2016.5.22


[コースタイム記録]

7:00戸隠キャンプ場P→8:30一不動→五地蔵山→12:10高妻山→12:40乙妻山→13:20高妻山

→14:30弥勒分岐→弥勒尾根→17:00キャンプ場P(Kの行動記録から)

Mさん・M君組は一不動から高妻山、そして乙妻山往復は先行し別行動

Kは高妻山からの乙妻山往復は別行動

[詳細報告・所感等]

 Mリーダーのメールでの新人歓迎山行に、夜の例会よりいいし、せっかくGDMってどんな山岳

会かと参加される方には、いろんな会員がいた方が良いと田植えを終えて参加する。

 集合場所のキャンプ場駐車場には遅れるかと思ったが、松澤車がついた時には隣からHさんも車のドアを開け、早めの出発となった。バンガロー、シャワー施設と整備が進み、すでにキャンプをしている人も多く驚く。まぶしい若葉、新緑の牧場から防疫の白い薬剤を踏んで登山道に入る。M君、Hさんと山行歴や職場の話をしながら大洞沢を行くが、二人とも体力があり、滝の鎖場も帯岩も難なく通過し一不動で休憩をとる。この速度では乙妻までは厳しく、二組に分けるとのリーダー判断に、Hさんには久しぶりの山行で息の上がるT・Kが着き、Mリーダー・M君が先行する。

 天気は暑いくらいだが、尾根をなでる風がほてりを飛ばしてくれる。シラネアオイが最盛期で、日陰にはイワカガミ・ショウジョウバカマが開花しており、木もミツバツツジ・ミネザクラ(?)の桃色に、オオカメノキの白と青い空に映える。アップダウンの尾根に「せっかく登ったのにもったいない」との元気なHさんの嘆きを聞きつつ五地蔵山に着き休憩する。飯縄を見ても黒姫を見ても、また後立山の残雪に「感激、しあわせ~」の連呼。明るい山行である。

菩薩に拝礼しながら尾根道を登下降するが、考えていたより多くの登山者に会う。妙高山は

黒いが、火打・焼山は白く残雪が残る。焼山からは真っ白な噴煙が上っている。

 高妻への登りは、笹のトンネル状で風が遮られ汗が噴き出す。途中の残雪では足場が悪く苦労するが、手にした雪が暑さを和らげてくれ肩に登る。頂上には数人のグループが記念写真を撮っていた。せっかくだからとMリーダー・M君に会うまでは行ってみようと、二人を残し乙妻をめざす。 高妻からの下りは荒れていて、ルートを作り直した所や不安定な所が続いた。鞍部から突起を越えると残雪が残り、滑りながら一気に下ると残雪の鞍部に二人が戻って来ていた。聞けばもちょっとと言うことで頂上を踏むことにする。所々残雪もある夏道が続き、もう少しかと思っていたら乙妻の標識があった。高妻に戻ると、ちょうど下山しようとするところ。待たせて申し訳ない。「下りが大変かな ~」と言っていた伴さん、残雪の露岩部も難なく通過し、慣れを感じた。細かなアップダウンに戸谷さんは疲れ気味だが、六番の弥勒の分岐で休憩は短く、リーダーの出発の声に弥勒尾根を下る。最初は飯綱、黒姫、戸隠山がよく見えるし、下部もブナの林に、ネマガリダケと新な良いコースができたと感心する。時間もかかり喉がからからになる頃、沢を渡り白い薬剤を踏んで牧場に入る。 Hさんに下山後仕事が待っており、Mさんが時間を急いだようで、私の勝手な行動で時間をロスして申し訳ない。二人からは、いい山行で入会も前向きにとらえて頂けそうである。

私もウグイスやカッコウの春の鳥の声を聴きながら自然を満喫しました。 

上から

オオカメノキ

黒姫を見ながら稜線歩き

シラネアオイ

高妻山を見ながら下山


Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000