守屋山

[山域・山名] 守屋山

[登山スタイル・目的] 往復・開山祭参加

[期 間] 2016年5月22日(日) 晴れ

[コースタイム記録]

8:30~9:10水呑場(開山祭行事)-10:20東峰-

10:55西峰着-11:10西峰発-12:20水呑場着-13:00水呑場発-

14:20武居城址

[詳細報告・所感等]

地元地区の生産森林組合主催の守屋山開山祭に親子で参加した。

今年こそ自宅から歩きたいと思ったが、開山祭行事に間に合うように出るのは難しく、

下山を全て歩いてみることにした。

標高1350mにある水呑場まで車で入り、まずは神事。テープカットののち登山開始。

昨年は近所の子供が多く、それにつられてよく歩いてくれたが、今年は御柱祭の

おかげか、他の行事と重なっていて子供が少なく、疲れた~を連発して進みが悪い。

それでも年々体力がついてきているので、ほぼ予定通りに歩けた。

季節が遅い分、セミの声が賑やかで、花も色々咲いている。

東峰から先は、一緒に子供木遣りの練習をしていた3年生の男の子もいたので、

西峰で披露してもらうと、周りで「ヨイサー」の合いの手。諏訪地域ならではの光景。

水呑場に着くと、遅い我々のためにトン汁を残しておいてもらったが、量が多くて、

完食するのに難儀した。でもとてもおいしい。

ここからは一人で静かな山を楽しむ。まずは林道から茅野市境の尾根まで、クリンソウに

導かれてわずか登り、あとはひたすら下る。さすがに脚にくる。

1時間も下ると林道を横切り、さらに下る。相当脚が痛い。やっと武居城址につき、

一息つく。ハルジオン畑になっている武居城址で水分を取り、あともう少し頑張る。

もう自宅近くなので、色々なルートがとれるが、最短は五本杉から法華寺のわきを通り

諏訪大社上社本宮の中を通る。御柱祭が終わってからまだ来ていなかった。

観光客でとても賑やか。真新しいきれいな柱を眺めて神社を抜け、自宅に着いた。 


目撃した花々 ササバギンラン、サクラスミレ、タチツボスミレ、イカリソウ、チゴユリ、

   シロバナエンレイソウ、ヒトリシズカ、フタリシズカ、クリンソウ 他

ホウノキ、ミヤマザクラ、ムシカリ、キイチゴ、アオダモ、ミズキ、

オトコヨウゾメ、ウツギ 他

耳にした生き物 エゾハルゼミ、コルリ 他

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 新年明けまして   おめでとう ございます 本年も登山する皆さんが安全に登山されることをお祈りします 新年から登山される方には気になる事が、始まります  埼玉県が一部の地域において救助の有料化です  現在は埼玉県だけですが、登山者の心がけ次第で隣県する長野県、群馬県、山梨県にも広まるかもしれません  ぜひ、安全で計画的な登山をしてください

0コメント

  • 1000 / 1000