北アルプス 白馬鑓ヶ岳

[山域・山名] 北アルプス 白馬鑓ヶ岳

[登山スタイル・目的] 周回 スノーボード

[期 間] 2016年5月19日


[コースタイム記録]

猿倉0520-最低鞍部0920-白馬鑓ヶ岳1040-鑓温泉1120-1210-小日向のコル1300-猿倉1410

[詳細報告・所感等]

久し振りの白馬は、この時期定番の鑓温泉、天気も良く心躍る山となりました。

猿倉には車は5台位で静かな山が楽しめます。

大雪渓の雪はかなり少なく、馬尻小屋の上でも雪割れ

しています。左俣は流れが見えていて大きな雪崩が

なかったのでしょう。風は東よりで少し冷たい。

最低鞍部まで4時間、雪が少ないので稜線は運動靴で

快適に歩きます。杓子のトラバースは少し硬い雪があ

ったので、運動靴にアイゼンを着けました。鑓の登り

は柱の建っている中間地点までが苦しい。足元を良く

見て頑張ると展望も開けて爽やかな稜線を楽しめる。

鑓の山頂から白馬岳方面を振り返れば、杓子、白馬、

小蓮華と懐かしい顔ぶれが並んでいます。やはり雪は

少ない。清水谷は谷が割れてて黒々と選択肢は少なく

なっています。ゆっくり休んで滑走準備、斜面は縦縞

が出来つつあって、単独で飛ばすのは危険と判断し、

安全に標高を落とす事に専念する。中央ルンゼ側の

雪の繋がった稜線からエントリーして、大出原に飛び

出す。小刻みにルートを確認して、烏帽子側に回り込

むのを止めていつもの手前の沢に入る。落石が多くあ

って板がかわいそう。鑓温泉までゆっくり滑っても

20分でした。温泉はきれいに掃除されていて、貸切

大展望の露天風呂を堪能!湯上りの心地よさに微睡み

大満足した。一人だとそんなことをしても1時間程度

しか過ごせなかった。ふたたび板を履いて、小日向を

目指す。鑓や杓子の東斜面を見ながら、クレパスに

注意して滑りきると厳しい登り返しが待っている。

雪を繋ぎ藪をこいで1時間の苦闘で小日向のコルに

着く。猿倉台地も修業になりそうだ。板を履いたまま

なんとか台地に降り立ったが、来週は無理かも知れな

い。道迷いで20分位ロスしたが、1時間の藪漕ぎで

林道に出る事が出来た。後半の修業を引き算しても

タップリお釣りがくるいい山でした。 

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000