山域・山名 霧訪山(塩尻市)、峠山(木祖村)、城山(児野山、木曽福島町)

山域・山名 霧訪山(塩尻市)、峠山(木祖村)、城山(児野山、木曽福島町)

目的・登山形式 信州120山

期 間 2020/3/7

≪行動の記録≫

【霧訪山1305m】

  両小野登山口7:16~霧訪山8:05~登山口8:45

【峠山1416m】

  登山口10:30~峠山11:15~鳥居峠11:55~登山口12:30

【城山1281m】

  行人橋登山口1:33~権現滝2:00~城山2:40~福島城址3:13~町営P3:50

≪所感等≫

 小野神社横の細い道から学校裏に出ると、畑の向こうの水道施設隣に登山口駐車場が。

よく登られていて、登山道入り口に木の杖が沢山置かれている。すぐ250段ほどの階段の急登で始まる。茸山で北小野財産区の入山禁禁止看板が登山道沿いに続く。炭焼き小屋のような避難小屋を過ぎ、しばらく急登すれば山頂だ。南北・中央アルプス、八ヶ岳が望め、方位盤も設置された展望の山だった。平日だが、何組か登ってきた。

 新鳥居トンネルを抜け右折してカーブしていくと消防があり、その横の狭い道路に標識が立つ。署前のトイレを借り登山道に入る。峠への標識が遊歩道入口で、石畳のあと林道を越すと山道になり御岳神社の鳥居前に登る。ここから水平に鳥居峠に道があるが、トチノキの群生から斜面を登り上の林道に登り峠山に向かう。峠山は、NHKや民放の木曽谷に送る電波の中継局が林立していた。三角点も雑草に隠れそうだ。

 木曽福島は駐車場がない。木曽川沿いを川側に張り出した宿場の家並みを見て、行人橋登山口に入る。民家裏の急斜面をトラバースして黒木ノ沢を登っていく。落差25mの権現滝から落ち口に上がると木曽駒辺りの白い峰が見えた。沢を詰めて尾根に出ると林の中に木の椅子の置かれた山頂。尾根伝いのコースを帰路にとり、福島城址、紅葉ケ丘を経由して福島小学校に下った。城山は、変化が楽しめる木曽福島の裏山だ。 

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 山は春から夏に向かっています 飯綱山は日に日に春山から夏山に向かっているのが感じます 今年もモレーヌではお試し山行をやりたいと思います 山岳会やモレーヌに興味があるかたが対象です 山岳保険に加入している方、加入できる方 山行場所はモレーヌで指定させていただきます 最低限の装備は準備していただける方 ホームページの連絡先より連絡ができます

0コメント

  • 1000 / 1000