頸城三山・火打山

[山域・山名] 頸城三山・火打山

[登山スタイル・目的]

[期 間] 2016年5月3日~5月5日


[コースタイム記録]

3日 笹ヶ峰登山口 9:00 黒沢 10:00 十二曲がり 11:05 高谷池ヒュッテ 13:00 鞍部 15:15

4日 高谷池ヒュッテ 9:00 火打山頂 11:00 高谷池ヒュツテ 12:45

5日 高谷池ヒュッテ 7:40 笹ヶ峰登山口 11:00

[詳細報告・所感等]

 日本百名山の著者、深田久弥は火打山をこう書いている。

3月下旬ではまだすべての山が雪を置いていたが、とりわけ火打が白かった。どんなに雪が降り積もっても

山のすぺてを覆うわけにはいかない。どこかに雪をつけない崖や岩壁がある。ところが火打だけは完璧に

白かった。こんなに一点の黒もなく真白になる山は、私の知る限り加賀の白山と火打以外にはない。と

しかし、今年の火打は違っていた。写真のように黒い所が露出し5月末から6月初めにかけての様相である。

天狗の庭の池塘も雪の上に水を貯え直に、庭が見えだすだろう。

3日の行動は遅めのスタートとなり、それが全体の予定を遅らせる結果となった。火打の稜線に出ると、強風に

晒され途中耐風姿勢も取った。時間も遅かったので行動を打ち切り高谷池ヒュッテに戻った。

本日の、登山道の状況であるが、黒沢までは、ほとんど雪がない。黒沢を渡り十二曲がりに取りつく当たり

から残雪がある。登りきったところには雪もなく、暫く行ったオオシラビソ林から雪面が続く。

4日は五月晴れに恵まれ朝から気持ち良いスタートをきれた。山スキーを担ぎあげるパーティが一般登山者を数の上で

多かったであろうか。最後の急登付近ではジェット機かと思える[ゴォーという音]がひっきりなしに聞こえてく

る。空を見上げても機影さえ見つからない。喘ぎながらやっとの思いで山頂に到達した。

山頂で音の正体が判明した。H氏から焼山から吹きだしている水蒸気の音であるとの説明があり納得する

火打山と焼山間の直線距離は約3km風向きにもよるものなのか連続音としては聞こえてこない。それにしても不気味なものである。

不気味てある。山肌もやや黒っぽくなっており降灰があったことを物語る。高谷池に戻り本日入山してくる

Y氏、M氏を待つ。15:00を過ぎても上がってこない連絡もとれず今日はまた2人だけで過ごすこととなろう

うか。15:30頃であったろうかYが現れる。Mを笹ヶ峰から長野まで送ってきた(仕事が入った)の

で、この時間なってしまったとのこと。差し入れのお酒とつまみを頂戴し夜を楽しく過ごす。

5日は、下山のみの行動となり、Yの火打への登山は達せられなかった。荷揚げだけに労を尽くされた

ことに感謝した。 


一番上が噴火している焼岳 次火打岳 最後 高谷池ヒュッテ

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000