山域・山名] 八ヶ岳 権現岳

山域・山名] 八ヶ岳 権現岳
[登山スタイル・目的] 雪山ハイキング
[期 間] 12月21日2019年
[コースタイム記録]  
富士見高原0540→西岳0900→権現岳1200→編笠山1400→富士見高原1700
 
 
 
[詳細報告・所感等] 登山靴リハビリ登山3回目
は、八ヶ岳ブルーを求めて権現岳を目指した。青空は午前中勝負で、6時前にヘッデンスタート。
富士見高原は昨年の台風24号被害で土砂が押し出してしまい一部登山道も迂回路があります。陽が登っても薄雲が広がっていて想定より気圧の谷の抜けが遅いようです。登山道は次第に傾斜を増し傾斜が落ちると西岳に着きました。南側の展望が広がる静かな山頂です。青年小屋へは少し下って
なだらかな道が続きますが、沢が崩れていて登山道が仮復旧状態でした。水場は凍結しており、青年小屋で一休み、南側のテラスが風が無くて快適でした。登り始めると雪が増え(数センチ)雪山
の景色に変わる。過冷却降水による樹氷が美しい。
ギボシの登りからアイゼンを装着、足首に負担が         樹氷が青空に映える
大きくなって歩行スピードが落ちました。風も落ち暖かで11月の山みたい。岩場は雪が少なくバンドが出ていてルートは夏道どおりに使えました。
アイゼン履いて痛い足を無視すれば快適な雪山ハイキングです。権現小屋は一段と傾いた感じで大丈夫?山頂は岩場で海老の尻尾が付いて雪山でした。権現小屋の陰で休み、行動食とコーヒータイム。ギボシの岩場を下りきった所でアイゼンを外してチェーンスパイクに交換しました。超快適!
いままでの足首の痛さが嘘のようです。上空の薄雲が次第に厚みを増してきます。良いタイミングで山頂に立てました。編笠山ではやっと影が見える程度まで陽射しが無くなり寒く感じます。下山は日没に間に合わず足元が見える限界で車に着き、鹿の湯に直行、モンベルとJAFは100円引きでした。 

上から 権現岳山頂12時で薄雲が広がり始め ギボシから権現を目指す

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 山は春から夏に向かっています 飯綱山は日に日に春山から夏山に向かっているのが感じます 今年もモレーヌではお試し山行をやりたいと思います 山岳会やモレーヌに興味があるかたが対象です 山岳保険に加入している方、加入できる方 山行場所はモレーヌで指定させていただきます 最低限の装備は準備していただける方 ホームページの連絡先より連絡ができます

0コメント

  • 1000 / 1000