九州遠征隊からの報告

本日、曇りのなか大船山(だいせんざん)へ行ってきました。長者原(ちょうじゃばる)には、タデ原湿原、少し標高をあげ、雨ケ池湿原、そして、坊ガツル湿原、大船山登山道には、三つの大きな湿原が、存在します。すべて茅を、焼かれた状態で黒々としていました。季節が進み花の時期には、素晴らしい景色を見せてくれるんだろうなと思いました。
山頂付近では風も強くなって、視界も良くなく、二人程登って来ましたが、五分もたたないうちに、下山して行きました。坊ガツルまで降りて来ると、曇りの我慢もここまでで、雨に変わってしまった。昨日辿った、黒土の泥中を、歩きスタート地点に戻りました

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000