九州遠征隊からの報告

高千穂河原から、高千穂峰へ登って来ました。高千穂河原に9:00過ぎにもどったので、欲張ってもう一座、頑張りました。新燃岳をはさんだ韓国岳です。両者はお互いに火口を持ち、その大きさは、圧感です。いまにも爆発するのではないかと、恐る恐る登り途中の鳥居が立った、場所では無事登らせていただきたいと祈願しました。今日の2座の山を比較すると、高千穂峰は、登山道がザレ場が多くて、非常に登り憎い。自分が、やや左に、それたルートを取ったせいか、なかなか前に進むのが、困難でした。ただ下りでは、黄色のペイントマークが、岩にしてあり容易に降りることが、できた。登りの時には、このマーカーが見えずに左にそれてしまった。

一方、韓国岳の登山道は、大浪池登山口からよく整備されており、石畳や木の階段が、ほぼ山頂近くまで続いていた。大浪池は、火口湖で、その大きさは日本一ということです。

新燃岳の火口からは、何ヶ所から、噴煙が上がっていました。明日は、市房山です。

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000