浅間山(前掛山2,524m)

[山域・山名] 浅間山(前掛山2,524m)

[登山スタイル・目的] ピークハント

[期 間] 2019年1月13日

[行動等の記録]

7:35浅間山荘P発~8:40二ノ鳥居~9:35火山館~10:25賽の河原

~12:00シェルター~12:25前掛山:40発~13:25賽の河原~15:05山荘P

[詳細報告・所感等]

 歩みにつれて、広葉樹、針葉樹林、アイガーのような牙山、トーミや黒斑の外輪山の岩壁、そして林地になりつつある斜面から火口原に噴煙あげる浅間山と、快晴の中、変化に富んだ山行を満喫した。

 山荘の駐車場には、すでに15台ほど車があった。林道は、落ち葉に薄っすら雪がのる程度。一の鳥居から対岸の尾根に出ると硫黄臭を感じる。牙山が見える頃、その先端に陽があたり始めた。火山館手前の沢で休憩。鉄分で真っ赤な土手がおどろおどろしい。湯の平は樹木が育ち、賽の河原など名とは隔たってきている。

 シェルターへと長い斜上をしていくと、群馬県側が見えてくる。四阿山、本白根山から上越国境の山なみは雲に覆われ、天候の違いが明瞭だ。下山してくる登山者が多い。シェルターは、鋼鉄製と鉄筋コンクリート製の馬蹄形の筒状で、辺りの噴石に比べ、ちょっと頼りない。噴煙の昇る浅間山を見ながら前掛山まで外輪山を進むと、雲が上がり始めたが山頂から富士山が望めた。北アルプス、御岳山も真っ白に光っていた。

 下降では、アイゼンを着ける。

  トーミの頭(火山館下から


噴煙上がる浅間山(シェルター手前から)


          前掛山へ

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 山は春から夏に向かっています 飯綱山は日に日に春山から夏山に向かっているのが感じます 今年もモレーヌではお試し山行をやりたいと思います 山岳会やモレーヌに興味があるかたが対象です 山岳保険に加入している方、加入できる方 山行場所はモレーヌで指定させていただきます 最低限の装備は準備していただける方 ホームページの連絡先より連絡ができます

0コメント

  • 1000 / 1000