冬山錬成

9日に冬山合宿の錬成が始まりました。
今回は午前中に物見の岩でアイゼン訓練を行ったのちに、ルームで卓上講習会になりました
普段は遠見尾根でラッセル訓練、雪上生活の練習を行う予定でしたが、雪が無いのと天候の不安があったため卓上講習会になりました。
机上講習 雪崩救助の事例紹介、技術のアップデート
   ビーコン捜索で捜索対象者直近になった段階では、
   ビーコンよりプロ―ビングで埋没箇所の特定をする方が生存率が高い。等
・富士山スラッシュ雪崩の事例紹介
・ビーコンの動作チェック
 パーティメンバー全員が1:1で送信・検出できる事をチェック(慣れれば早いと思う)
 送信ビーコンの向きで受信ビーコンが表示する方位・強度が変わることを体験
・レスキュー技術の更新
①レスキュー装備のミニマム(救助ロープ+以下の個人装備)
 真D環付カラビナx1、HMS環付カラビナx1、カラビナx2、
 ナイロン120cmx1、ダイニーマ120cmx1、プルージックx1
☆真D環付カラビナ:輪が尖っている。引き上げの支点などロープを1回かける用途に。
 HMS環付カラビナ:輪の端がラウンドしている。ムンターヒッチ等に使用。
②D型カラビナ2枚のガルダ―ヒッチ
 真Dカラビナのオートロック
③ロープの末端で作る腿ハーネスとシートベントの肩ハーネスによる確保の体験
④ブロックブルージックの効きとアンロックのしやすさ体験(巻き回数は必ず3回)
⑤レスキュー用プルージックはφ7mm以上で(訴訟事例アリ)。
 また、痛みが早いので早めの交換を。 
⑥ダイニーマのシュリンゲは見て分かるほど縮みます。
 新しいものと比較して、シュリンゲの縮みは使用者の寿命の縮みです。
 →早めの交換を推奨


1月中旬まで入会の受付を休止させていただきます
この時期仕事で忙しいのと合宿等で忙しのが重なりますが、錬成などに参加せず冬山合宿だけ参加したいので、入会したいと連絡される方がおられるので 1月中旬まで入会の受付のお休みをします



Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000