雨飾山

山域・山名 雨飾山

目的・登山形式 新人歓迎山行

期 間 2018/10/7

≪行動の記録≫

 6:05雨飾高原キャンプ場出発~9:00平~9:30雨飾山山頂、10:00発

 ~11:40キャンプ場 雨飾荘で汗を流し、解散

≪所感等≫

 朝合流の松沢・宮沢を除く5人で、紅葉の始まった雨飾キャンプ場で芋煮会。早くから準備した小林は、飲み始めも酔いも早く、いつ寝たのか。

 明朝、昨夜残った汁にうどんで朝食を済ませ、空が明るくなって全員集合する。宮沢さんと顔合わせをして出発する。登山道横のせせらぎにイワナの姿。急登から水平道の辺りは紅葉のはじまり。荒菅沢から見上げるとフトン菱辺りは紅葉真っ盛り。

でもガスがかかって、ちらっと見えただけである。心配した台風の影響はなく、笹平分岐から稜線で少しあっただけ。

 頂上は、下の駐車場同様、多くの登山者を迎えていた。ガスの切れ間を期待したが、待ちぼうけで下山する。雨も荒菅沢手前からひどくなり、キャンプ場に戻るまで降られた。宮沢さんは、フリークライミングから始め、現在はトレランをされているとの

事で元気印です。 

頂上にて


                 紅葉の荒菅沢

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 季節はだんだんと春に近づいてきました。この時期は花粉症に悩まされている人が多いのでは無いでしょうか?私もその一人です ですが山に行けばなぜかよくなります。気持ちの問題なのか?? 雪が安定すれば山スキーの時期です スキーを登るための道具と考えている自分は新雪よりも安定した雪の方が好きです。

0コメント

  • 1000 / 1000