魚野川水系登川、米子沢から巻機山

山域・山名 魚野川水系登川、米子沢から巻機山

目的・登山形式 沢登り(新人講習山行)

期 間 2018/9/24

≪行動の記録≫

 9/23;中野16:10→登山口(桜坂🅿)18:50。(飯田は御神楽岳から19:30着)

 9/24;5:20松沢合流

    5:45発~7:00一直線のスラブ沢合流~9:00~10:05

    10:30入渓禁止沢出合~11:00避難小屋~11:35山頂(分岐)~14:03🅿

≪所感等≫

 山行目的は、飯田と飲むことと、渓流シューズを買った彼に沢登りを経験してもらうことだった。藪こぎ回避の希望を入れ、米子(こめご)沢にする。天候は良かったが、飯田は肩を脱臼してつらい山行となってしまった。

 堰堤工事用の道路の米子沢入口の看板から入渓する。転石の河原で、コンクリートの堰堤を通過してもしばらく流水はない。水が現れ、Ⅴ字に沢が狭まった所から滝になってくる。一直線の流水溝の沢が出合う上流の釜を持った連爆は、右岸に巻き道があり、沢に近づいたところで沢に入る。川幅一杯の岩の溝を水が走る。水量は少なめか。スラブ状の岩を登ったり、側壁の草付きから滝を越えていく。磨かれた花崗岩はのっぺりとしてフリクションが頼り。

 釜に腰まで入りシャワーを浴びて越えた滝の先は、段差20mほどの広い棚の左を簾のような滝。その上流は、崩落した岩が散乱していた。ゴルジュ入口の滝は階段状だったが、次に右から巻き始めたら道を見失い、戻って懸垂でゴルジュに下る。ゴルジュを抜けて一本取る。

 続く10m滝を左岸から巻き、滑滝に笹をつかんで下りる。少し晴れ上がってくる。8m位の滝を右岸から越える中段で飯田の右肩が脱臼してしまう。以後、右手が使えず、棚の立ち込みには膝を使う不安定な登攀となる。晴天で気持ちのいい滑滝遡行も痛みと不安の登高だったか。

 ナメが続き、小さくなったが滝も現れる。両岸の傾斜が緩くなり源頭部が近づくが、水は切れない。入渓禁止のロープが張られた沢の出合を過ぎて小川になり、右岸のリボンのある潅木のトンネルを登ると、黄色に染まった草地に飛び出した。避難小屋の前だった。

 靴を履き替え、巻機山へ向かう。草原、池塘に続く木道を多くの登山者が行き交う。分岐の山頂と書かれた標柱で写真を撮り、下山する。緑に点在する紅葉がきれいだったがガスに包まれてしまう。飯田は転倒で痛みをこらえ、小林も膝が悲鳴を上げる頃、桜坂の駐車場にたどり着いた。 

ゴルジュを越えて一服


シャワーを浴びて


ゴルジュを行く①


ゴルジュを行く②


逆層の滑滝が続く


源頭が近づく。

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 山は春から夏に向かっています 飯綱山は日に日に春山から夏山に向かっているのが感じます 今年もモレーヌではお試し山行をやりたいと思います 山岳会やモレーヌに興味があるかたが対象です 山岳保険に加入している方、加入できる方 山行場所はモレーヌで指定させていただきます 最低限の装備は準備していただける方 ホームページの連絡先より連絡ができます

0コメント

  • 1000 / 1000