後立山 白馬岳

[山域・山名] 後立山 白馬岳

[登山スタイル・目的] 往復 テント泊

[期 間] 2018/6/2~3日

[コースタイム記録]

2日  猿倉 10:30 白馬尻小屋 11:30 村営小屋 15:50

3日  村営小屋  7:30 旭岳 8:00 村営小屋 9:00 白馬尻小屋 10:30 猿倉11:30

[詳細報告・所感等]

猿倉からの歩きは、非常に暑くて日焼け止めが汗がながれるため目の中にはいり痛い。1時間ほど我慢し、漸く雪渓に辿りついた。雪渓内も風がなく、ひんやり感が全くない。白馬尻小屋の基礎部分が除雪されて、組み立てがまたれていた。小屋手前には、大きなデブリが見られ左の沢沿いから発生していた。大雪渓も例年のように、杓子尾根からの雪崩で川の流れのように跡が残り黒黒している。周囲は、スキーヤー、ボーダー、が滑ってくる。また登山者もかなり下ってきた。この時間登ってくる人は時間もやや遅いせいか、数人程度である。最後のひと踏ん張りで目的地の村営小屋に到着。まだクローズ中なので、軒先にテントを張らせて貰う。白馬山荘と右へ流れていく稜線が一望できるロケ地で、雷鳥の飛翔もじっくり眺めさせて貰った。ブルースカイに白い羽が映えて非常に美しい。感動の瞬間を味わった。日も長くなりテントを出て日当たりの場所にすわると、背中が温まり湿気っぽい下着も乾いてしまった

白馬山荘の灯りもつけられたので、テントに入り明日を待つことにする。

3日 朝陽が差し込み暖かくなってからゆっくりと起きる。軽く朝食を済ませ、旭岳を目指す。途中の雪渓で、雷鳥が行く手に舞い降りてきた。冬服から夏服へ着替え中で、頭から首にかけて夏模様であった。ちょこちょこと歩いていたが、やがて岩場の高いところに飛んでいった。雪渓も切れて、左の登山道へ移りひと登りすると、山頂に着く。

日本海や周囲の山々をながめているうちに、旭岳と同じような山容をした清水岳(じょうずだけ)が気になった。

登山道も見受けられ、祖母谷温泉へ降りる道であるとわかった。いつかは、歩いてみたいと思い、山頂より下山する 

上から

旭岳から白馬

雷鳥オス

旭岳

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000