戸隠山塊 高妻山

[山域・山名] 戸隠山塊 高妻山
[登山スタイル・目的] ピークハント、 体力維持
[期 間] 2018/4/21~4月22日
[コースタイム記録]  
4/21(土) 12:30 戸隠キャンプ場 14:45 弥勒尾根終点(幕営地) 
4/22(日) 5:00 幕営地 7:30 高妻山頂 9:15 幕営地 11:45 戸隠キャンプ場 
 
 
[詳細報告・所感等]  
4/21 残雪の山をじっくり味わおうと、2日間かけて高妻山へ登る。お昼過ぎからの遅い出発となる。
牧場は、すっかり雪がなくなり、ふきのとうがあちこちに目立つ。気温が高く雪解けが進み2個所の渡渉はいつもより水量がおおいため慎重に飛び石を拾う。川に落ちずに済んだ。登山道に入ると雪はなく1500m付近までこの状態が続いた。残雪か゛登山道に出てくる平坦地に夫婦のテントが張られてある。遅くに登ってきたので、不審そうな気配であったが、無視して先へ、ここから先は、本日高妻山へ登って下山してくる人達と行きかう。6~7人位に出合い、すべて単独登山者であった。最後に通過した人と、話をして道の様子を尋ねた。山頂手前の急登は、雪がくさってずぼずぽ足が埋まってしまい、歩きにくくアイゼンは着けずに
下りてきたとのこと。明日も同じ状態であろう。すれ違って間もなく弥勒尾根終了点にでた。 戸隠山塊 高妻山ついた。
4/22 あたりが明るくなるころ、重い体を動かし、出発に取り掛かる。気分があまりよくない。飲みすぎか
アイゼンが心地よく雪面を捉える。ゆっくりとしたペースで行動して、おまけに好天にめぐまれているのであるが、咳き込んだり呼吸が苦しい。通常の登山道は、ところどころ露出しておるが、雪のある氷沢側へトレースがついている。アップダウンが少ない分、歩き易い。最後の急登にさしかかり、漸く力がでてきた早くはなかったが、山頂到着となる。岩場がおおい山頂部は、雪で埋まって歩き易い。雪庇も氷沢側に大きく張り出している。先日の雪で氷沢の源頭付近で、小規模の表層雪崩の跡もみえた。30分ほど、経って
から、アイゼンを取り外し下山する。丁度良い雪の硬さでどんどんと下りて行けた。

写真は上から

高妻山

高妻山山頂


Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000