冬山合宿北アルプス 霞沢岳から六百山

[山域・山名] 北アルプス 霞沢岳から六百山

[登山スタイル・目的] 冬山合宿

[期 間] 2017年12月29日-31日(水-金)

[コースタイム記録]

12月29日 500長野-700~720沢渡-745釜トン-840取付き-1210テン場(2050mジャンクション)

12月30日 745テン場-920岩峰-1030-50霞沢岳-1230テン場

12月31日 740テン場-920-40取付き-1020釜トン-1050沢渡-1350長野

[詳細報告・所感等]

12月29日

 姨捨サービスエリアに集合し沢渡に向かう。S原君が到着を待っていた。一日のの参加だがボッカをしてれる。予約したタクシーに分乗し釜トンへ。登山補導所で計画書の確認を受ける。「一日から天候が崩れるので注意するように。霞沢岳には数パーテイ入山している。」との事。

 釜トン、上高地トンネルを抜け、国交省の施設入口。

この先もトレ-スがしっかりと付いている。

 トンネルの先を右に入り西尾根の取り急登、緩斜面が繰り返す尾根を、時々アイゼンが欲しくなる。偵察時に予定したジャンクションに、スペースをぎりぎり確保して2張りの

テントを設営する。

 明日は天候を考慮して、六百山まで行ける所まで足を延ばす事とし、早めのに床に就いた。夕方から風が強くなる。

12月30日

 前日の夕方から雪混じりの強風でテントが飛ばされそうな勢いだったが、朝方から多少風も弱まり行動することになる。

 昨日に引き続き、針葉樹の尾根を登る。痩せ尾根の急坂を息を切らせながら登る。細い針葉樹が密に生える尾根からダケカンバに変わると、強風に体が振らる。ハイマツのリッジに出ると前方に核心部の岩峰が見えてきた。尾根の両側が切れ落ち、高度感もある。

 いよいよ核心部の岩峰の登攀である。ワンピッチ約30メートル。ピッケルのピックを突き刺し、アイゼンをきかせて慎重に登る。風も強く、体が降られて緊張する一瞬だ。

 登りきり、稜線を右に回り込んで風を避けて一服する。もうここまでくれば、山頂も目と鼻の先に見える。あとひと頑張りだ。

 12時半、霞沢岳山頂に着く。少し休んで、皆で話し合う。この先、六百山までは、

さらに稜線も細くなり、強風の中、ピッケルの支えだけで進むのは危険と判断して

下山することになった。

 山頂をあとに、ゆっくり下る。岩峰は念のためザイルを張って慎重に下る。2時半

テント場に着く。今日一日、風の強い一日だった。

12月31日

 予定より早い下山となったが、昨夜、酒はすべて胃におさめ、穂高が暗い雲に覆

われ始める中、下山した。 

上から

テント場様子

岩峰を越えて(焼岳を望む)

霞沢岳からK1、K2、奥穂

岩峰手前のリッジ

岩峰登り


Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 新年明けまして   おめでとう ございます 本年も登山する皆さんが安全に登山されることをお祈りします 新年から登山される方には気になる事が、始まります  埼玉県が一部の地域において救助の有料化です  現在は埼玉県だけですが、登山者の心がけ次第で隣県する長野県、群馬県、山梨県にも広まるかもしれません  ぜひ、安全で計画的な登山をしてください

0コメント

  • 1000 / 1000