蝶ヶ岳

山域・山名 蝶ヶ岳

目的・登山形式 ピークハント、冬山に慣れる

期 間 2017/10/14(土)~10/15(日)


≪行動の記録≫

 11/26 長野4:40→三股、駐車場6:10、発6:30

     ~三股6:45~ゴジラの木7:15~まめうち平(通過)8:30

     ~最高到達点(2600m辺り)~まめうち平14:25~駐車場15:55

      ※ ほりでーゆ、四季の里へ立寄り(530円)

≪所感等≫

 蝶ヶ岳辺りならまだ雪は少なく雪慣れの山行と考えたが、跳ね返された。早く

出発した人のトレースに助けられ、膝から腰と雪が深くなり、主稜線下でブリザー

ドの中ラッセルが厳しくなり、時間を考え下山とした。

【11月26日】晴のち雪

 “ほりでーゆ”で道を間違えたが、薄っすら雪のある林道はまだ閉鎖前で、三股

手前の駐車場まで入る。10台ほどあった。簡易水洗だがトイレが新しい。

 三股からの沢床のトレースは雪は少なかったが、尾根に着くとどんどん雪の量が

増え、木製階段が雪に隠れる。“まめうち平”からは雪山。森林内でアイゼンをつ

ける。ラッセルが大変であきらめて下ってくるパーティーも。針葉樹林から灌木帯

の斜面をトラバースし、主稜線下でハイマツ帯の斜面を直上する。ブリザードの中

で小屋が見えたが、ハイマツの間の雪がまだスカスカで前進がままならない。

 ブリザードの中、時間と主稜線からの帰路のトレースのなくなる恐れから、先行

が下って三人揃ったところで下山することにする。

   上から

ゲート前の駐車場           

 蝶ヶ岳へ  

“まめうち平”付近

灌木帯のトラバース 

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000