山域・山名 安達太良山、西吾妻山、磐梯山

山域・山名 安達太良山、西吾妻山、磐梯山

目的・登山形式 紅葉の山を歩く。ピークハント

期 間 2017/10/14(土)~10/15(日)

≪行動の記録≫

 10/13;中野22:40→あだたら高原スキー場P2:30

 10/14;発6:30~勢至平7:30~くろがね小屋8:05~安達太良山9:15~

    ~ゴンドラ、上の乗場→P→山形県米沢市天元台へ移動

    天元台ゴンドラ発13:20→最上リフト発14:08~梵天岩15:07~西吾妻山15:35

    ~最上リフト17:00~ゴンドラ上17:50~P18:30→八方台へ移動20:00

 10/15;発6:25~中の湯跡6:50~磐梯山8:30~八方台P10:00

    猪苗代(入浴)→喜多方→会津若松→磐越、北陸道→中野19:20

   ◎なお、カメラの電池切れ、不調で写真が少なく残念でした。

≪所感等≫

 天気を心配したが、雨に遭うことなく赤色の濃い紅葉を移動の時を含めて楽しめま

した。紅葉のほか、百名山3座に、湖沼群と良かったが日帰り入浴お断りの宿が多く

驚きました。安達太良山ナナカマドの紅葉、針葉樹と池塘の西吾妻、ブナ林から噴火

後に生えたブッシュの磐梯山と三様の山で変化があった。ヘッドランプでの下山も久ぶり。

【10月14日】曇

 登山口にタケノコ隊長の運転で着き、仮眠後、朝の清々しい中をボーっと

出発したが、旧馬車道から勢至平に出てすっきり。くろがね小屋周辺はすごい紅葉。

こんな濃い赤の紅葉は初めて。温泉付きの小屋に泊まりたい。乳首のような山頂を

踏み、背丈ほどの針葉樹林内の泥道を」、ゴンドラから続々と登る人と行き交って

下る。智恵子抄の一節の刻まれた標柱を見てゴンドラに乗る。

 天元台では、下りは4時が最終だと念を押され、わかっていたがヘッドランプをつ

けてリフトの下を下ることになった。西吾妻山は展望もないせいか登山者は少ない。

池塘も多いのだが。霧が出て、真っ暗な急こう配のゴンドラ下の道も長かった。 

一番上 くろがね小屋の紅葉

二番目 勢至平

下 安達太良山山頂

【10月15日】曇

 まだ車は10台以下だが、ガードマンが4~5人来た。先週400台以上来て、路上まで溢

れたらしい。この辺りが紅葉真っ盛りなのだろう。茶色に枯れ始めたブナの中の登山道

を登る。上中下の湯治宿があったが、大噴火で中の湯だけ残り、それも今は廃墟。

白く湯とガスを噴き出していて、「べに子の秘湯探訪」の様。白濁し入りたくなる。

頂上周辺は、一面積雪に耐えたブッシュばかりで、閉まった頂上売店で風をよける。

弘法清水の小屋でなめこ汁をいただいた。短時間に登れるコースだ。 

上 西吾妻避難小屋 下中大巓の下の分岐付近 

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 新年明けまして   おめでとう ございます 本年も登山する皆さんが安全に登山されることをお祈りします 新年から登山される方には気になる事が、始まります  埼玉県が一部の地域において救助の有料化です  現在は埼玉県だけですが、登山者の心がけ次第で隣県する長野県、群馬県、山梨県にも広まるかもしれません  ぜひ、安全で計画的な登山をしてください

0コメント

  • 1000 / 1000