戸隠連・高妻山

[山域・山名] 戸隠連・高妻山

[登山スタイル・目的] 山頂往復・体力維持

[期 間] 2017年9月30日

[コースタイム記録]

弥勒尾根取りつき 7:20 六弥勒 9:20 高妻山 11:20

[詳細報告・所感等]

 来週の越後3山の、ハードな山行を想定し、体力UPのため、計画した。

晴天に恵まれて、弥勒尾根から山頂をめざした。駐車場は、真ん中の列をのぞいては、ほゞ一杯である。

朝靄のかかった、牛の群がる牧場を横に進み、登山道へはいる。ここから、登る人は、見当たらない。道慣れした山道を、2時間ほどで六弥勒へ。一不動方面から登ってきた登山者と交流する。

このあたり、赤や黄色に色づき始めた、木々が目に留まる。来週あたりがみどころか。山頂に着き、焼山を見ると噴煙が全くみえない。昨年の5月に、高谷池から眺めた景色とは、全く違って見えた。帰りは、一不動へ下り、荒廃した大洞沢沿いに下りる。一不動から、氷清水にかけては、以前に比べガレが、進んだように思える。帯岩から下は、沢沿いに上部から流されてきた、土砂や、大木が川に集まっていた。また、右岸の沢からも大量の土砂と木々が、本流に流れこんでいた。更に下ると、登山道が左岸につけられていた下を、大水でえぐられている。この間は、川を渡ったり、川沿いに歩いたり、以前と様相が変わってしまった。

とは言え、危険個所が増えたわけではなく、多少迂回する形となったが、歩くに支障はない。 

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000