朝日連峰 大朝日岳

[山域・山名] 朝日連峰 大朝日岳 

[登山スタイル・目的] 縦走

[期 間] 2017年9月23日-24日(土,日)

[コースタイム記録]

9月22日 1820小布施P-2050胎内荒川IC-2320朝日鉱泉

9月23日 0705朝日鉱泉-0900金山沢1110鳥原山-1235小朝日岳-1440朝日岳避難小屋

9月24日 0555避難小屋-0615大朝日岳-0720平岩山-0900御影森山-大クロベを観に 

-1045上倉山-1230朝日鉱泉-関川村で♨-1850小布施P

[詳細報告・所感等]

 今年の春合宿の時、月山から朝日岳が遠望できた。朝日岳に行ってみたいなと声があり、今回の山行になった。

私にとっては、7月の飯豊山依頼の山行、足の故障が続き、何とか行けそうと、2日前に参加を決ての今回の山行

となった。無理をしないで途中から引き返す思いであったが最後まで行動を共にすることが出来た。

 9月22日(金)

小布施のハイウエイオアシスで待ち合わせ薄洛くなるころに出発する。上信越・北陸・日本海北陸道を経て、飯豊山の時と同じ、荒川胎内ICで降りる。デイリーで買出しをして113号線を関川に沿って走り山形に入り、最上川に沿って朝日町。支流の朝日川沿いを朝日鉱泉に予定通りに到着。ひたすら走って5時間の道のり。

駐車場の脇に設営し草々に眠りにつく。

 9月23日(土)

 時々強く降る雨。晴の予報うに反して気持ちもおちこむ。雨脚が弱くなった頃合いを観てテントを丸め込む。

予定より1時間遅れで、小屋にポストに計画書投函、小屋の中にも入山届のノートがあり既に十数人が出発、小屋泊りのパーティだろう。つり橋を渡り、九十九折れ急登から尾根に出るころ雨話は止むが視界は悪い。

 大きな木が道をふさいでいる先日の台風18号の爪痕だ。ブナの大木、また、太いコナラの木広葉樹の中。金山沢を渡り、尾根に出てをひたすら登る。木道となり鳥原山避難小屋に到着。トレールランの3名、我々と同じコースを日帰りで回るとのこと。来た木道を戻り朝日岳への分岐、小寺鉱泉からの道と出会うと、登山道とは思えない石が敷き詰めらた道現れた。鳥原山は標柱が藪の中にひっそりと。小朝日の登りになるころから色づき始める。ひときわ濃さ

を増してリンドウが鮮やかであった。見晴らしが良いはずの小朝日山頂で望めるはずの大朝日岳方向を観ながら、来たことのある柴本の話を聞く。

 銀玉水で今晩の水を詰め、案内にある「必ず飲むべし。日本一?美味しい水。」で乾いた喉を潤す。

 銀玉水から40分霧の中に突然小屋が現れる。朝日岳避難小屋、2階建てのしっかりした小屋。小屋の前には、鐘があり女性が鳴らしていた。

 東北の山小舎は、避難小屋と名称だが、管理人も居り管理が行き届いている。宿泊者は40人程だが混雑していた。

炊事は寝る場所で行う。今回は指定された場所は中二階、下で使うよう指定があり、備え付けのステンレス製のトレイの中で火器を使用する。

 山田お手製のイの刺身、塩辛で持ち上げた酒も進む。明日の天候の回復を願って床に就いた。

 9月24日(日)

 時々強く降る雨に早立ちに気持ちも鈍る。夜中風も強く小屋が鳴っていた。

[山域・山名] 朝日連峰 大朝日岳 2/2

 予定通りの時間の出発となった。小雨となり風も弱まっている。霧の中雨具を付けての行動、小屋から僅かで大朝日山頂、山頂には我々と単独者、記念の写真に収まる。

 西風が湿り気を送り込んで来る。相変わらず視界が悪いが、時々霧が切れ百メートル程視界が利くと色付き始めた稜線が浮かび上がる。

平岩山を通過、背丈ほどの灌木の中、霧も切れ視界が良くなり風も弱まり雨具を外す。山頂は霧がかかったままである。

 単調な尾根歩き、小さな登り下りを繰り返して、御影森山で休息。ここから下りとなり、ブナ、ナラの林に変わって行く。降り切り大倉山への北斜面のルート、時々泥濘があり単調な中にも気を使う。「オオクロベ、日本一の案内に」これは、見ておかねばと、ザックを置いて見て行くことにした。踏み跡を辿りササをかき分けて行くとオオクロベは現れた。木の気に圧倒されながら見上げた。

 周りを一周し気を頂戴し、気持ちが落ち着いた。足取りも軽く上り返した。

途中に小クロベがあり比べてしまうと小さいが大木であった。付近にはこの二本以外にクロベは見当たらなかった。

 上倉山を過ぎたあたりで山頂の霧が切れて大朝日岳を望むことが出来た。

後600程下れば鉱泉に着く、急な下りに足が思うように運ばない。辛うじてつり橋に出て朝日川渡り、行の道に出会い、最後のつり橋を渡って鉱泉まで登り切ってしめくくりとなった。

 後日、久し振りの筋肉痛は、昔行った100㎞強歩の痛みを思い出した。 


Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 新年明けまして   おめでとう ございます 本年も登山する皆さんが安全に登山されることをお祈りします 新年から登山される方には気になる事が、始まります  埼玉県が一部の地域において救助の有料化です  現在は埼玉県だけですが、登山者の心がけ次第で隣県する長野県、群馬県、山梨県にも広まるかもしれません  ぜひ、安全で計画的な登山をしてください

0コメント

  • 1000 / 1000