[山域・山名] 北アルプス、白馬三山

     
[山域・山名] 北アルプス、白馬三山          
[登山スタイル・目的] 縦走          
[期 間] 2017/8/20~21               
[コースタイム記録]            
8/20;7:15猿倉発~8:05白馬尻小屋~8:25大雪渓下~11:00村営頂上宿舎~11:45山頂          
  ~12:10白馬山荘          
8/21;5:30山荘発~6:40杓子岳~7:35白馬鑓ヶ岳~8:05分岐~9:30鑓温泉、10:30発 ~11:40三白沢~12:15小日向のコル~13:40猿倉            
           
[詳細報告・所感等]            
 3連休で、白馬から唐松まで縦走の計画が野暮用で二日間となったため、合宿で飲めなかった山での生ビールに、鑓温泉入湯として小屋泊の三山縦走に。体調良ければ、唐松までもと考えていたが、寝坊と体力の無さで、天狗小屋が使えないこともあり、昼から山荘のスカイレストランで生ビール。          
 鑓温泉は貸し切りで長湯しすぎ、残行程がひどく長く感じる羽目になってしまった。          
           
【8月20日】曇          
 明るくなったら登り始めるつもりが、寝坊し白馬へ急ぐ。白馬村に入ると晴れ間も。駐車場の空きを心配したが、40台程度か。猿倉荘で水を入れ、計画書を投函して登りだす。稜線がガスに隠れ始める。大雪渓入口で数人が軽アイゼンをつけていた。軽アイゼンで雪渓のトレースを追う。ガスの切れ間に、雪渓上部の葱平下あたりを列になって登る登山者が見える。順調な雪渓歩きだったが、軽アイゼンをはずしてからが長かった。              
 白馬山頂を踏んでからどうするかと考えたが、足取り重く、ちょっと早いが生ビール。    
クーッ、うまい。10組ほど御同輩のグループがいた。          
 夕食まで、旭岳のトラバース道を酔い覚ましに散策する。日暮れに剣が姿を見せる。          
 かなりイケる夕食にお替りをして、うるさ          
い鼾を聞きながら就寝。
【8月21日】曇          
 3時半頃から2号館1階16号室の相部屋の皆が動き出す。外はまだガスの中。しっかり朝食を食べ、シルエットのような剣岳を見ながら杓子岳に向かう。リタイア済みと思われる          
4人組が私の前を行く。風が冷たく、杓子の下でダウンを雨具に着替える。ガラガラの斜面を登り、杓子はガスの中。信州側は、縁を歩くのが恐ろしいほど崩壊している。
ガスに足元のハイマツの下に真新しいライチョウの糞があった。周囲を探すが姿はなかった。点々とコマクサが見られた。          
 白馬鑓ケ岳もガスの中。分岐に下り、早々に信州側に入る。入れ違いに主稜線に出たTシャツの山岳部らしい若者のパーティーは寒い寒いを連呼していた。日も当たってきてぽかぽかの高山植物の中の道を下る。中国の一団と「こにちは」の挨拶ですれ違う。鑓          
温泉手前の鎖場から注意の指導標が続く。硫黄の匂いがし、雪渓の横にコンパネの黄色の温泉が見えてきた。          
 入湯料は500円。先があるので缶ビールをぐっと我慢し、温泉を隠す暖簾をくぐる。誰もいない、貸し切り。汗臭いシャツを脱いでいると、湯船の下の草の陰で休んでいた女性2人と目が合う。小屋側の石積の間からこんこんと湯が流れ出ている。垢でなく、カラマツ草の花のような湯花。熱い湯だが、いい気分で長湯となった。          
 ゆっくり行けば汗も出ないかと、着替えてさっぱりとして温泉を出発したが、長い長い。          
鑓ヶ岳、杓子岳から下るいくつもの沢・尾根を回り込んでいくのだから、思った以上に時間と体力を費やして、やっと猿倉に戻りました。壊れたカメラでも多くの花を写す山行でした。

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000