夏合宿 報告(戸タニ)

2017/8/13(合宿3日目)滝谷ドーム中央稜
4:00起床-5:30涸沢発-8:30南稜分岐-9:20ドーム頭のコル-10:15取付き-14:45終了
-15:25南稜分岐-17:00涸沢
涸沢の朝は早い。朝テントから出ると、登山道には既に行動を開始したパーティの
ヘッドランプの明かりが見える。
装備を整え涸沢から稜線まで3時間。北穂東稜に取りつくパーティを眺めながら登り、分岐からドーム方面へ進む。既に中央稜を登り終えたパーティと挨拶を交わし、ドームのコルで休憩。
多くはないが登攀装備のパーティが行き交う。第4尾根に複数のパーティが取付いている。
縦走する鉄道オタク・タケノコ隊長と別れ、装備を整え、トポと山チャンの記憶を頼りに、割合明瞭な取りつきへの踏み跡を辿る。
要所にはケルンが積んであり、さすが有名ルートだ。
トポと少し違う感じだが、50メートルザイルぴったりの懸垂一回の後、
トラバースで取付きに着く。
先行パーティのフォローがチムニーに難儀している。
彼らが抜けるのを待ち、山チャンがトップで登攀開始。
1P,ちょうどいいサイズのチムニーが中々離してくれないが、
サイドのクラックにジャミングしつつ強引に立ちこんでチョックストーン脇のガバを掴み乗り越える。
クラックの中は濡れているが、他は概ね乾いている状態で、楽しいクライミングだ。
空の底は終始明るいが、時折ガスが湧き上がる。天気が持つことを祈りつつ登る。
2P,正規ルートの横のアブミルートを登る。ピンは近いが、抜け口が厳しい。
3P,「優しいリッジ」だがザイルの流れが悪く、何回かピッチを切って進む。
4P,取付きのテラスがわかりずらい。ここでトップ小チャンさんに交代。
出だしは優しい凹角だが、だんだんピンが間遠になり、きつくなる。
5P,すっきりした凹角からハングへ。小チャンはA1で確実に乗り越える。
戸タニがワンポイントのスメアが効かず、一回ガン落ちし、気を取り直してやり直した。
このピッチを楽しみにしてきた山チャンはフリーで楽しそうに抜けた。
ここで終了。ザイルを畳んで左に巻くように進み、登山道に出る。
(終了~登山道が、短いが割と嫌な道だった。ザイルを出してもよかったと思う)
南稜に戻ると、涸沢のテントが増え、また賑やかになっているのが見える。
はやる気持ちを抑え、テントに戻るまで気を抜くなと声を掛け合いながら慎重に下る。

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000