夏山合宿 穂高連峰、涸沢定着

[山域・山名] 穂高連峰、涸沢定着

[登山スタイル・目的] 夏山合宿(縦走、岩稜、岩登り)

[期 間] 2017/8/11~8/14

[移動等の記録]

8/11;中野4:15→長野5:05→沢渡集合6:50 7:50上高地発~10:40横尾~14:00涸沢

8/12;3:50発~5:30五・六のコル~11:10前穂山頂~11:48紀美子平~13:30奥穂~

   14:30白出のコル~16:10涸沢

8/13;5:30発~8:50北穂分岐~10:10取付~10:30登攀開始~14:45終了。15:10発~

   15:25分岐~17:20涸沢

8/14;6:30発~7:35本谷橋~8:40横尾~9:50徳沢~10:50明神池~11:50上高地

[所感等]

 少しづつ山行を重ねてくると、沢登りや登攀もしてみたくなる。ノートの目標の山に前穂

北尾根も記され、夏山合宿は「久しぶりの登攀を含む合宿」となった。物見錬成もし、滝谷

も欲張ったが、西島会員の「昔とった杵柄はダメ」。吉田救助隊長にも「年相応の山を」と

諭され納得するが、準備をしっかりしてもう少し“上”というか“余裕ある”登攀にしたい

と感じた“クライミング”合宿。でも楽しい山行でした。

【8月11日】曇

 今日は山の日。沢渡駐車場はかなり埋まり、上高地のビジターセンター前にはイベント後

譜面台が立っていた。久しぶりのガチャが入るザックが肩に食い込み、徳沢あたりから膝裏

も違和感がでる。きれいに整備された横尾からの道は見違えるよう。岩小屋は川原に埋もれ

屏風岩に登攀者の姿はないが、本谷橋は吊橋になり多くの登山者が休憩している。

 西ヤンが先行してくれたが、テント2張り分は残っておらず、岩が頭を出すスペースに決める。

遅れたが、全員そろって入山を祝う。明日は全員で北尾根。混む予想と雷を恐れ、2時起床。

【8月12日】曇

 ヘッドランプで雪渓を五・六のコル目指して上る。私たちが最初らしい。薄暗がりの中のガレにトレースを探し灯を消すころ踏み跡がしっかりしてきた。だいぶ下に2パーティーが見える。

コルで一服し、ハーネスをつける。

 五峰は踏み跡が明瞭だが、四峰はぐずぐずでルートが難しかった。ピーク手前は、奥又白

のもろい斜面をトラバースして、しっかりした岩稜から登った。西島より事前のルート確認を

指摘される。ルートファインディングを楽しむなど100年早いか。

 三峰のコルで、追いついた二人パーティーに先行してもらい、コルからアンザイレンする。

小ちゃん・線路オタク・西ヤン、山ちゃん・タケノコ隊長の2パーティー。西ヤンのルート図を頭に入れたつもりが、先こうパーティーに後続して難しいところに。しかも最初のランニングが悪くザイルが流れない。やっとこチムニー下にザイルを引きずった。チムニー左のフェイスは気持ちいいが、最終ピッチはかぶり気味で思い切りがいった。二峰では5メートル強の懸垂をし、前穂で記念写真。

 紀美子平で下山する西ヤンと別れてからは、全員足が重かった。白出のはしごで詰まっタケノコ隊長が、を心して下る。12時間行動はきついの言葉が共通の思いだったか。 

【8月13日】晴~滝谷はガス

 昨夜は満点の星。今朝はモルゲンロートだった。南稜を登る。東稜に向かうパーティーが

見え、すでに北穂の小屋の下にいる人影も。鎖場は登りと下りで渋滞する。南稜のテント場

にも幾張りか設置されていた。分岐から見下ろすと、まだ残雪がある。南峰を越え、ドーム

を回り込んでコルで休憩。タケノコ隊長キジ打ちを待って、ワンデリング組と分かれてコルから踏み跡をたどる。積まれたケルンと踏み跡を頼りに鉄のリングと環付カラビナの懸垂下降点に。25mでバンド。左に登り小尾根を越すと取付の凹角下だった。先行パーティーが抜けるところ。クライミングシューズに履き替え、山ちゃん・戸たに・小ちゃん登る。

 上部のチムニーが狭く、ザックがきつい。やっとずり上がり、チョックストーンをA0を

交えて越える。次のピッチは、ルートを違えたようでA1でフェースを登る。ガスが時折流

れて滝谷の高度感を感じる。緩傾斜のリッジの後、明瞭になった4・5ピッチを山ちゃん交代して小ちゃんがトップ。着実に拾えば、ホールド・スタンスがあり、気持ちのいいピッチとなった。一度ザイルを張った戸たにも、思い切りフリーに挑戦した山ちゃんも笑顔で登ってきた。

 だいぶ時間がかかってしまったが、登攀の余韻の中、ザイルを解き登山靴をはく。小さな

コルを越えると縦走路はすぐだった。分岐で、すでにテント場のタケノコ隊長に電話。あと2時間、慎重に下ろう。

 【8月14日】曇

 最後まで天候がもってくれた。だいぶ荷物が減ったせいか一気に下る。山ちゃん・戸たに

飛ばしていく。横尾からは二人が見えなくなるほど離されて、・小ちゃんは張っている

足をだましながら、やっと上高地に下山した。でも、充実した合宿となった。 

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000