[山域・山名] 剱岳、立山


[山域・山名] 剱岳、立山
[登山スタイル・目的] 縦走
[期 間] 2017/7/28~7/30
[移動等の記録]  
7/28;妙高市 6:00 発 立山駅 8:40 室堂ターミナル 10:00 室堂乗越 11:10 剣御前小屋 12:45
      剣山荘 13:15
7/29;剣山荘 6:30 前剣 7:45 カニのタテバイ 8:45 剱岳 9:30 平蔵のコル 10:30 一服剣 12:02   
     剣沢小屋 12:50 剣御前小屋 14:15
7/30;剣御前小屋 6:30 別山 7:15 真砂岳 7:55 大汝山 9:00 雄山 9:15 一ノ越 10:10 
      室堂センター 11:00  
 
[所感等]  
1998年夏合宿に入って以来19年ぶりの立山駅側からの入山となる。立山駅からのケーブルカーそして高原を走るバスに懐かしさが湧く。長野県側の入山が多く昨年の夏合宿も、扇沢から入った。
昨年は、残雪が極端に少なく驚いたが、今年は、写真のように剣山荘及び剣沢山荘の周辺は、雪渓が多く例年並みなのだろうか。雄山から室堂ターミナルまでの間にも、5~6箇所雪渓を歩いた。  
28日:室堂から雷鳥平まで下り今回は、登ったことのない新室堂乗越を目指す。雷鳥坂に比べ傾斜が緩く、距離は長いようだが、登山者がすくないので歩き易い。奥大日まで足を向けようと、考えたが、往復3時間は、きつく感じる。剣御前の手前のトラバース地点で、番の雷鳥に出くわした。                
みくりが池周辺は、硫黄の噴出があり雷鳥も、移動しているそうな・・・。剣御前到着と同時に少雨。傘をだして、剣山荘へ下る。
29日:5:00頃は、当たりの景色は、全くなく今日の行動を如何にするか心配であった。6:00を過ぎる頃、漸く明るくなり出発を決める。一服剣当たりまでは、剣沢のキャンプ地を見ながら進む。
天候には、恵まれない中、そこそこの登山者が山頂を目指す。前剣を過ぎるあたりから、下山者と交錯する。平蔵のコルを右手におりたところから、カニのタテバイにさしかかる。順番待ち、15分。
鎖の支点と支点の間に1人。通過したら、早く登るよう指示する。効を奏し少し渋滞が緩和する。  
山頂からの眺めはなく、皆、祠に置かれた、剱岳の看板を持ち記念写真に没頭していた。
下りは、タテバイを上がった所から、左にトラバースし平蔵のコルに出る。ここは、初めて通過した。
下った所に老朽化したトイレがあり、すぐ下に旧避難小屋跡が存在する。1994年夏、W氏とテント泊した。すぐ下に雪渓があり、最高の場所である。剣山荘に着きトラバースして剣沢山荘へ向かう、キャンプ地は、テント数も少なくひっそりとしていた。剣御前小屋に水はないとの予測で、ここで、水汲みする。1時間ほどで、剱御前小屋到着。本日90人程宿泊。MAXは、130人収容とか。
30日:夜半雨が降り、朝も昨日と同様に、周囲は暗い。最終日、最後の好天を願い出発。
別山に着く当たりから、この間を通して、初めての視界が、望まれた。遠くに昨日登った剱岳。
眼下には、剣山荘、剣沢山荘。幸運のめぐり合わせに感謝。真砂岳、大汝山を過ぎ雄山到着。
皆の思いで、立山頂上雄山神社に参拝した。神主から祝詞を上げてもらった。
雄山神社から、一の越の下りは、学校登山や、一般登山者で賑わいをみせていた。浄土山の雪渓付近に熊出没で、登山者の見物渋滞があった。

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 新年明けまして   おめでとう ございます 本年も登山する皆さんが安全に登山されることをお祈りします 新年から登山される方には気になる事が、始まります  埼玉県が一部の地域において救助の有料化です  現在は埼玉県だけですが、登山者の心がけ次第で隣県する長野県、群馬県、山梨県にも広まるかもしれません  ぜひ、安全で計画的な登山をしてください

0コメント

  • 1000 / 1000