[山域・山名] 加賀 白山

[山域・山名] 加賀 白山
[登山スタイル・目的] ピークハント
[期 間] 2017.7.16~17日
[コースタイム記録] 
16日 別当出合 10:23 中飯場 11:05 甚之助小屋 12:30 黒ボコ岩 13:50 室堂 14:30
17日 室堂 6:15 御前峰 6:54 室堂 7:22 甚之助小屋 8:24 中飯場 9:10 別当出合
9:54
[詳細報告・所感等] 
16日車を置いて市ノ瀬から、シャトルバスバスを利用し、別当出合に向かう。連休中日バスも混んでいない。
13kmを20分ほどかかって別当出合到着。バスが旋回できるのが、やっとの場所で終点。曇り空で、雨が降っていないが湿度は高い。立派なつり橋を渡り登山道に入る。下山者が多いのにびっくり。中飯場の途中の登山道で、登り、下りの一方通行にさしかかる。下山者がいないため道を譲ることもなく、静かな 道歩き。
中飯場に到着し、休息するなか、雨が降り出す。小雨程度なので、カッパを出さずにやり過ごし、出発。
その後も降ったりやんだりを繰り返すも、じっくり濡れずに至らず傘をさして、やり過ごす。寒さも感じ雨量も増してきたので、カッパを着込む。甚之助小屋を過ぎるあたりから、しなのきんばい、いわかがみの植物が山道を賑わす。「こんにちは。」の挨拶も少なくなり、下山者の減少が目立って きた。南竜ヶ馬場(ミナミリュウガバンバ)の岐路にさしかかる。この山道唯一のキャンプ場であり、テントも背負ってきたが、明日雨降りの予報を思い、上にいくことを優先する。4人家族のゆっくりとしたペースに追い越しもできずに
室堂まで誘導してもらう。本日の宿泊予約もすることもなく、室堂の小屋受付をし宿泊場所に、丁重に案内された。昨日は、連休の初日とあって、かなりの混雑が、あったとか今日は、一畳に一人で占拠させて貰う。
一休みして、山頂を狙うが、雨か゛ひどくなり諦める。ぐっすり寝込んで早朝に出ることとする。
17日 
夜半から、雨の音が大きく聞こえ、かなり降ったようだ。朝食が5:30~8:00の間ということで、余裕が あったので、その間に山頂往復と考えていたが、雨か゛止まず、朝食を済ませ、雨があがったのを見計らって出発。数年前に建てられたという立派な社殿の右を通り霧雨のになか、40分程で、御前峰到着。
少し手前には、白山奥宮が建てられている。毎日、室堂から神主さんが祝詞を上げに毎朝、登って来られるとか。視界もなく、早々に下山する。晴れた景色を思い浮かべながら、連日の悪天候を恨み悔いが残る山行
となった。

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000