奥秩父主脈縦走

[山域・山名] 奥秩父主脈縦走
[登山スタイル・目的] 縦走
[期 間] 2017/7/15~17
[コースタイム記録] 
瑞牆山荘0440→金峰山0800→国師岳1030→甲武信岳1500→笹平1600(1700)→雁坂峠1930
雁坂峠0440→笠取山0630→将監峠1100→飛龍山1400→雲取小屋1630
雲取小屋0440→七ツ石山0530→六ツ石山0830→奥多摩駅1020
[詳細報告・所感等] 奥秩父主脈縦走は、高校生の時に計画して以来約40年の歳月が流れてしまった。
縦走のネックとなるのは移動手段(車の)で、今回は職場の人の協力を得て実施することが出来た。スタートは通いなれた瑞牆山荘で、ゴールは奥多摩駅とした。
明るくなるのを待って歩き始める。猛暑日が予想されていても山の朝は涼しい。富士見小屋の水場で十分に水分補給をして、大日岩を過ぎ、千代の吹上で稜線に出る。快晴で北アルプスから富士山までの大展望だ!
北面の滑走ラインの確認で金峰山小屋へのトラバース道に入る。やはり這い松が濃くて繋がりが悪い。大岩ケルンから山頂を目指す。金峰山山頂では多くの人が休んでいた。鉄山、朝日岳を越えて大弛峠では下界に戻ったような雑踏に車、バイクと早々に退散。国師の登りは木製の階段が続く。北奥仙丈(奥秩父最高峰)
はパスして、国師の山頂へ、ここも大弛峠からのハイカーが大勢いて早々に出発した。樹林帯を下りながら進むと寝不足と暑さからペースが落ちる。東梓で岩に腰かけ一休み。水分をたっぷり補給して、元気を取り戻す。水師を越えると梓山から千曲川沿いの登山道が登ってきて、最後のひと登りで甲武信岳に着く。山梨百名山の標識は無くなっていた。木賊を過ぎると登山者も減り、静かで奥秩父らしい雰囲気を楽しめる。笹平のベンチで昼寝をしてしまい。雁坂峠でヘッドランプのお世話になった。翌日は霧のスタート、水晶、枯礼を越えて雁峠、霧が流れて幻想的な笹原。笠取山荘からのトラバース道は崩壊で通行止め、稜線に戻って唐松尾のピークが踏めた。将監峠も笹原で気持ちが良いが暑い。飛龍の湧き水で喉を潤し生き返る。雲取山まで来れば後は奥多摩へ下るだけ。


Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 新年明けまして   おめでとう ございます 本年も登山する皆さんが安全に登山されることをお祈りします 新年から登山される方には気になる事が、始まります  埼玉県が一部の地域において救助の有料化です  現在は埼玉県だけですが、登山者の心がけ次第で隣県する長野県、群馬県、山梨県にも広まるかもしれません  ぜひ、安全で計画的な登山をしてください

0コメント

  • 1000 / 1000