飯豊連峰 報告1

[山域・山名] 飯豊連峰
[登山スタイル・目的] 縦走
[期 間] 2017/7/15~7/17
[移動等の記録] 
7/15;小布施SA駐車場5:30集合→荒川胎内IC→山形県小国町、飯豊温泉(山荘)P9:20着
   9:30発~9:50温身平~12:00石転び沢出合~15:40梅花皮(カイラギ)小屋。泊1500円
7/16;5:15発~6:00烏帽子岳~6:55御手洗ノ池~7:40天狗ノ庭~8:20御西小屋(デポ) 
   8:50発~10:00飯豊山山頂~11:10御西小屋。泊2000円
7/17;5:03発~6:10御手洗ノ池~8:05カイラギ小屋、8:20発~9:30門内岳
   10:10扇ノ地紙~11:00梶川峰~12:30湯沢峰~14:20駐車場(温泉、4:00発) 
[所感等] 
 朝日連峰も考えたが、運転時間の長さや車回し(可能)のことを考慮し飯豊山と決めた。
好天ではないが、大日額を除き予定の山は縦走できた。どこも一緒のガスの中だったが、雨漏りもあったものの避難小屋のコストパフォーマンスの良さとヒメサユリをはじめ多くの草花に会えました。残雪の多さに驚き、早くも来年の春山はここに来ようと決まった(門内 沢の方が良いとの話)。小屋での会話は、新人募集のことなど。屋根を打つ雨音にも負けず、 語らえました。
【7月15日】曇時々晴
 使われていないのか赤さびた鉄路から分かれて山奥に入っていくと、梅花皮温泉の先4㎞で飯豊山荘があり、先の駐車場には車がいっぱい並んでいた。下りたとたんに汗が噴き出す。
 橋から通行止めとなり、すぐ梶川尾根の入口。その先、林道は広葉樹の大木が日影を作ってくれている。温身平から沢沿いの登山道となり、大きな堰堤を越えてからアップダウンはあるが高度は稼げない。左手に滝を落とす沢(梅花皮沢)の先で雪渓に出た。梶川出合のところは口を開けていたが、右岸の残雪を伝って通過する。稜線はガスって見えないが、白馬大雪渓
のように長大な雪渓で、そこから靄が上がったいる。猛禽類が舞い上がったが、飛んだ辺りにカモシカの死骸があり、食事の邪魔をしたらしい。
 皆ほぼ初めての山域で稜線も見えず、出合で先行者がいても同定できず地図とにらめっこ。
地図の沢の向き、これまでの時間距離、標高から石転び沢と確信して腹ごしらえ。初めての山は楽しませてくれる。 
 ガスに巻かれ、喘ぎあえぎ2ピッチ登る。途中でつけた軽アイゼンを外し、続く草地の斜面に入るとハクサンコザクラが咲きほこっていた。上の雪渓下で水を補給し、再びアイゼンを着
けたところで、一瞬ガスが切れ、すぐそこに小屋が建っていた。驚いたり、うれしかったり。
 小屋は管理人も嘆くほど込み合ったが、二階への階段下にスペースをいただく。水場は近にて水量は十分だし、トイレは水洗である。担ぎ上げたビールを冷やし、山田食当の具沢山のけんちん汁を肴に早速乾杯し宴会となった。

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 新年明けまして   おめでとう ございます 本年も登山する皆さんが安全に登山されることをお祈りします 新年から登山される方には気になる事が、始まります  埼玉県が一部の地域において救助の有料化です  現在は埼玉県だけですが、登山者の心がけ次第で隣県する長野県、群馬県、山梨県にも広まるかもしれません  ぜひ、安全で計画的な登山をしてください

0コメント

  • 1000 / 1000