春合宿鳥海山などスキーツアー 2日目

8:30大平山荘上駐車場発~10:40鳥海池・御池分岐~10:50御池小屋~11:50千蛇谷分岐 
~13:00伏山手前(到達点)、:15発~13:30小屋、14:00発~14:20駐車場 
【5月4日】快晴 
 二日目 山梨隊の先導で月山を目指す。まだ固いリフト左の斜面を登る。左の姥ヶ岳の大斜面にモーグルの練習バーンなのか、何本も回転跡のラインが下がっている。 
 リフト終点から月山はまだまだ先。主稜線右の大きな雪の斜面をトラバースして牛首に向かう。思い思いにルートを取り、皆、豆粒のようだ。山梨隊、会長の待つ牛首に登ると日本海からの強烈な風が吹き抜ける。鳥海山も独立峰の雄姿を見せる。西ヤンが買った最新のインナーの着心地に耳を傾けながらあんパンを食べる。頂稜に抜けるところが結構な急斜面だ。 
 急斜面をジグザグに登る。会長はそのまま抜けたが、滑り落ちそうで途中からスキーをかついで登った。登山道の岩が出ていたが、頂上は雪なのでデポせずに月山の頂上神社までスキー 
で行く。天気はいいが強烈な風の中、休憩し全員の写真を撮る。今日は頂上が踏めた。 
 全員で滑降する。頂稜下の斜面は登る登山者もいて気を遣う。牛首下で、西ヤンから「山スキーは集団で行動できないが、バラバラにならないよう全員で次に集合する目標地点を決めて滑るよう指導を受け、登り返しのないように駐車場までのルートも確認して最後のくだりを滑る。 
もう雪が腐り、スキーの足が重い雪に取られる。志津まで下ることは止めて駐車場までとした。 
 鳥海山に転戦する山梨隊と別れ、残るチーム長野は温泉探し。明日の集合地のビジターセンターへ

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000