八方尾根スキー

                 __登山報報告__       
[山域・山名] 白馬八方尾根
[登山スタイル・目的] 山スキー
[期 間] 2017年4月16日
[コースタイム記録] 
8:00第三駐車場  10:30兎平  2300m付近11:30  12:30ガラガラ沢下部
15:00駐車場

[詳細報告・所感等] 
8時に第三駐車場に到着。車は5割くらいに入りだったがゴンドラ駅にい行くとすごい人で下の車道まで
あふれていた。チケット購入で1時間ゴンドラ待ちで1時間。兎平からリフト2本乗り継いで八方山荘に
着いたのは既に10時半だった。 早速シールを貼って歩き出す。見上げると八方池方面に長い人の列が
続いている。見える範囲では7~8人の登山パーティが2組。ボードやスキーの若い4、5人のグループが3組
その他混合で全体では登山とスキー半々くらいか。
4日前の予報では曇りから午後雨だったが直前で晴れから曇りに好転。気温もかなり高く熱いくらい。
雪質も表面はグサグサのザラメ雪。でも下は締まっているので歩きやすい。軽いTLTビンディングにも
助けられて全然疲れない。休んでいるグループなど何人か追い越す。
八方ケルン辺りまで来ても右の谷の方へ向う人が全然いない。 仕方ないので自分もそのまま進む。
池を過ぎて最初のピークの右側が(無名沢の源頭部か)一面の大斜面になっていてそこに一筋のシュプールが 
がついている。斜度は結構あるがすぐ下がカール状なのでまずここを滑ってから下ることにする。
すり鉢状の沢を慎重に滑り降りて再びシールを付けて沢をトラバース気味に尾根に戻って八方池に戻る。 
八方ケルン辺りの広い雪面を横切る何本かのスキー跡が沢の斜面に続いている。その後を追って広大な
大斜面を一気に下る。2、3本のシュプールがあるが時間が遅いせいか人は全く見えない。
最後はガラガラ沢と合流。基部のデブリを下に見ながら南又入本谷右岸を堰堤まで下る。
堰堤から対岸の林道に出て道路脇の雪が完全になくるまで滑って後は板を担いで駐車場まで(7キロくらい) 
ひたすら歩いた。 













Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000