氷沢、佐渡山

  <山域・山名>氷沢、佐渡山

 <合宿の目的> スキー登山

  <期 間> 平成29(2017)年3月19・20日

<行動記録> 〔3/19〕

  8時前、大橋横P、8:30発~9:30林道終点~10:45コル~

  11:20氷沢河岸幕営、:40発~12:30乙妻の沢出合~1600m~幕営地

〔3/20〕

  5:20起床、7:40発~8:20コルにデポ発~9:10尾根~

  9:50佐渡山~10:30デポ地~11:30大橋横P→戸隠♨

 <詳細報告・所感等>

 県外ナンバーが続々で、間一髪で大橋の駐車場に駐車できる。でも氷沢に入る者は少ない。

氷沢は渡渉が多く滑れない。乙妻の沢も最後の斜面はともかく沢は勾配がない。予定でなかった佐渡山は良好な雪質のせいもあるが、尾根まで良い斜面で何度も滑りたくなった。眺望もグー。

<3月19日>曇り、のち小雪

 先行したスノーシューのパーティーを追って林道をスキーで歩く。黒姫登山道から分かれ、左に入ってしばらくで尾根の末端で終点。沢から尾根に入る。昨夜の新雪が5cmくらい。荷が重くスノーシューの夫婦やスキーの父娘に抜かれる。腐りつつある、尾根の斜面を大きなザックながら軽快に滑って下る単独も。鞍部に向け、左にトラバースしていく。コルに一張テントがあった。荷物も考えたが、沢まで下って段丘上の大木の下で幕営する。

 H・Kは明日の偵察に向かう。氷沢は傾斜がなく、沢筋が蛇行していて渡渉も多い。高妻に登る沢の上部はガスの中。途中から林道に上がり、崖地を通過すると乙妻への沢だった。出合でシールを着けていると、二人滑ってきた。途中でもう一人。傾斜の緩い沢の樹幹を抜けると急に雪が深まった。主稜線下の斜面に人がいる。新雪の台地で、今日はここまでとスキーを脱いでいると斜面の3人が下りてきた。二人は滑って、一人は棒をザックにつけてツボ足で。近くに来たら棒に見えたのは片っぽだけのスキーだった。聞けば頂上直下で雪崩に遭って流したとの事。

積雪20cmほどだったらしい。ケガはなく、他に流された者もいないようだ。でも、先に入っている松澤に会えず、ちょっと心配になる。シールを外し、台地中央に行くと、新雪50cmはある。雪質の変化が激しい沢を下り、帰路につく。

 松澤がテントに寄っていったとのことで安堵し、乾杯。小雪が舞い、夜半にはゴーゴーと風が山をなめて通ったが、テントは揺さぶられなかった。

<3月20日>快晴

SB氏の具沢山のラーメンを堪能し、天気も今日は素晴らしい。昨夜、アプローチや雪の状況から佐渡山に目標変更。鞍部に登る。昨日雪崩に遭ったグループなのか、テントをたたみ出発するところ。一人は先行したようだ。ダケカンバの大木にデポし、軽くなったザックで斜面を登る。クラストに新雪がふわりと載り、ちょうどいい勾配の斜面、大木が疎らに生え、しかも木のない部分が適度にある。

 尾根に出ると黒姫が目の前。佐渡山へも凸凹の小さい幅広の雪面で続いていた。ここでH氏のスキーにアクシデント。ビンディングが破損していた。修理を試みるが駄目だった。諦めて、H氏はツボ足で佐渡山へ。バックは真っ白な斜面の高妻・乙妻山が光る。でも、登山が主目的でないとアプローチが大変で行かないかな。山頂は木もなく360度の展望で、黒姫へも行けそう。

妙高、火打に、今日は静かな焼山、金山も真っ白だった。

 戻る途中で、外国人二人組とすれ違う。小谷と黒姫在住で、佐渡山から氷沢へ下り、乙妻山を目指すらしい。平塚は残念だったが、尾根からコルへの斜面は楽しいの一語だった。気持ちよくシュプールを描いて滑れた。デポを回収して、腐った雪の尾根を何とか下る。私のスキー技術では一気に下れず、H氏もほとんど一緒だ。林道ではさすがにスキーが早く、黒姫登山道分岐手前でH氏を待っていたら、彼がスーッと滑走してきた。壊れたビンディングに何とか靴を縛る工夫をして、腐った雪に滑らない私たちを尻目にさっさと下って行った。     

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000