長野市近郊の山

[山域・山名] 長野市近郊の山

[登山スタイル・目的] 往復 周回コースの下見

[期 間] 2017年3月11日

[コースタイム記録]

若穂山新田  9:10 馬背峠 9:58 妙徳山 12:14 若穂山新田 13:40

[詳細報告・所感等]

 朝から気持ちの良い快晴にめぐまれスタート地点となる若穂山新田のドンづまりの車道に車を置く。

ここからも、馬背峠までは、車乗り入れができるのであるが冬季は除雪されず、杉の枝の落下物が行く手を遮る。

少し車で乗り入れてみるが、断念。結局、歩きに終始する。杉の林が続き、峠付近で雑木に変わってくる。

峠に着き、行先を確認すると、赤テープとPP紐が、上部に見つかる。辿って行くと登山道はないが、10m前後の間隔で繋がっている。

繋がっている。迷うこともなく、安心した道程となっている。自分もPP紐の準備をしてきたが、10か所程度に印ただ

けだった。このコースは尾根伝いで、個人名の境界見出標が、登る方向にあちこちにあり、これも道導となる。

もっと、分かりにくい道を求めてきたのだが、拍子抜けとなった。ここも峠からは、杉林に囲まれており、あまり視界はよくない。遮蔽された尾根ではあるが、下から吹き抜ける風が強い。寒さを感じ1枚着こんで、先に進む。

杉も国内では、割高で需要がなく、輸入材に依存している形であるが、個人持ちの林は間伐もされており所々、空間が広がる。最後の登りを終えて、90度に左折するところには、馬背峠への道標があった。ここまでくれば山頂はすぐそこである。双耳峰のような山型で南峰にまず出る。更に100m程進むと妙徳山となる。地元、高甫小学校の登山記録が書かれた白板が2枚山頂にあった。南方面の視界は優れず、須坂方面、斑尾山方向に林の中から、眺望がよかった。

下りも、登ってきたところを戻る予定であったが、十分に途中の状況を把握できたので、南峰から沢沿いのショートカットコースを下ることにした。以前トレースしたことがあったので、問題なく車道に着き出発点に戻ってきた。小間切れではあるが、天皇口から井上山登山口まで繋げることができた。残されたものは周回コースを連続完歩することだ。 

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000