鍋倉山

<山域・山名> 鍋倉山 <合宿の目的> スキー登山

<期 間> 平成29(2017)年3月12日

  

<行動記録> 〔3/12〕

  7:15温井集合、7:30出発~11:00から11:20頂上~11:50滑降

  12:15温井 ⇒ 暁の湯

 <詳細報告・所感等>

 前週に続き、快晴の中の鍋倉山登山となる。単独も含め2,3グループかと思ったが続々と増えて、女性のいるグループからは、滑る度に声援が飛んでいた。温井に下ると、朝には     

数台だった路上駐車も、東京・名古屋・新潟などほとんど県外の車20台位になっていた。

<3月12日>快晴

 7時半集合だったが、皆早く集まった。

4人組と単独に続いて温井の田んぼを覆う雪面に入る。ジグザグの山道沿いだったり、直登したり、田茂木池の大地に上がり、沢筋を登るが、上の雪原で一本取る。4人組は尾根を行くようだ。野沢温泉スキー場から上信国境方面が広がる。木は小さいが熊棚らしいものが。

 ここからは沢沿いの斜面、夏道辺りを黒倉山とのコルを目指して進む。ブナの大木が林立する斜面にはいく筋もシュプールが引かれていたが、こんな風にはいかないなと思いつつ登る。コルからは妙高はじめ頸城の山々が目の前。強烈な日差しの下、松澤が本日最初の頂上を踏む。 全員揃うには時間があると、3人思い思いにコルのすぐ下まで一本滑る。北斜面で溶けておらず、重いが新雪に近いところもある。斜滑降も入れて滑り降りたが、回転を抑えられず大転倒して雪まみれになる。

 頂上にはかなりの数のスキーヤー、ボーダーが休憩していた。眼下、林道を茶屋池に向かって10数台のスノーモビルの一団がエンジン音を響かせていて、うるさい。 頂上に全員そろい、記念写真を撮って滑り始める。ブナの林間は気持ち良かったり、怖かったり、雪質も北斜面ながら変化する。沢伝いに斜滑降で下り、上の台地への腐り始めた斜面を滑り下りて滑走終了した。     

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000