長野県山岳協会八ヶ岳交流会

  <山域・山名> 八ヶ岳(赤岳) 

  <期 間> 平成29(2017)年1月21日~平成29年1月22日

  <行動記録> 〔1/21〕8:30長野発~11:00美濃戸口~11:15発~16:00行者小屋

〔1/22〕5:30起床~7:03発~9:00赤岳山頂~地蔵尾根~9:55樹林限界

10:25行者小屋~11:00赤岳鉱泉、閉講式~11:45発~12:50美濃戸山荘

~13:25美濃戸口

 <詳細報告・所感等>

 先週からの降雪で、登山路にはしっかりと雪があり、また赤岳では強烈な風にも叩かれ、いい冬山山行になった。雪山初心者の伴には不慣れから疲労も増幅したろう。赤岳鉱泉の人口氷瀑の練習風景を見ると道具の進歩は隔世の感があった。

<1月21日>長野は雪。中信は曇、八ヶ岳は小雪

 小雪のちらつく美濃戸口の駐車場に長山協の知った顔が集まっていた。チェーンないとこの先は入れないとのことで、美濃戸まで車で入ろうと予定した古畠らも一緒に7人で出発する。

 きゅっきゅと音のする新雪、しっかりとトレースもあり凍っている時より歩き易い状態だが、Bさんには一歩ごとに横滑りする雪道に、すぐに息が上がってきたようだ。轍もしっかり踏まれ、スタックするような状態でなく、車で入れたようだ。

 北沢の登山道に入ると、だいぶ歩調に差が出る。沢から台地に出る手前で休憩する。ガスが切れ、樹間に雪で灰色になった横岳が見え、大同心や小同心を望むと疲れを忘れさせる。樹林の途中、小沢を下りてきたのは大町のS氏。アイスクライミング帰りとの事。最新の装備を付け、変わらぬ饒舌である。赤岳を望み、行者小屋にたどりつく。すでに先着組は赤い顔になっていた。

 2階で炬燵を囲み、早速開宴する。信大の医者の卵たちと膝を詰め、ふんだんに持参した酒に消灯まで話が弾んだ。

<1月22日>曇。稜線は風雪

二日酔いのまま朝食をすすり、身支度して外に出る。古畠は研修講師だが、私たちは自由行動で下山するS本・Bさんと別れ、文三郎尾根から赤岳をめざす。森林を抜け、階段に来ると風雪になった。

階段で山岳総合センターのS田氏と女性の単独登山者が話しているところに追いつく。危なっかしい歩き方で、「下りたら」と助言されていた。階段上で集まり、聞けば初心者との事でこの先は無理と説得し、toさんの補助ザイルでS田氏が森林まで下りてくれることになった。

 ますます風雪が強まり、阿弥陀岳分岐へのトラバースですれ違ったパーティーも稜線の強風を教えてくれた。岩にしっかり雪が付き、カリカリと岩に爪を立てることはない。コル状のところはビル風のように風が吹き抜け、風の弱い所で一息つきながらの登行となる。

 赤岳頂上も記念写真とはいかず、先を急ぐ。頂上小屋、天望荘も横殴りの風雪に、芳野満彦氏の遭難凍傷もかくやと思った。地蔵ノ頭手前あたりから、風圧に体を傾け顔をたたく氷粒(砂?)に堪えながら下る。まつ毛が凍り、見にくい。ゴーグルをつけるべきだった。

 地蔵尾根は、途中右に折れる所で道を探すが雪面に出た鉄杭に助けられ、途中颯爽と下る杉田氏に追い越される。鎖や梯子に導かれ、森林に逃げ込みやっと一息ついた。

 赤岳鉱泉で研修パーティーの様子や人口氷瀑の練習風景を見ながら閉講式まで残り、古畠も加わって全員で下る。

 柴本パーティーもアイゼン練習も兼ねながら下り、伴も回復し楽しい帰路だったようだ。     

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000