冬山合宿 赤岩尾根から鹿島槍ヶ岳

2017~2018冬山合宿報告 

  <山域・山名> 赤岩尾根から鹿島槍ヶ岳

  <合宿の目的> 本来の厳しい冬山を安全に楽しむ

  <期 間> 平成28(2016)年12月30日~平成29(2017)年1月2日

 <行動記録> 〔12/30〕6:30長野発~8:25大谷原P発~10:00西俣出合手前~12:00尾根

取付~13:20幕営地(1700)設営とトレース付け、14:00日帰り組下山、14:30入幕

〔12/31〕4:30起床~7:20発~9:30幕営地(高千穂平下)設営、10:45発~

13:30主稜線雪壁手前~15:00帰幕

〔1/1〕4:00起床~6:40発~9:15主稜線~9:15冷池山荘~10:55最大到達点

~11:20山荘~12:15雪壁下~14:00帰幕

〔1/2〕4:00起床~7:50発~8:35幕営跡~9:10尾根取付~11:25大谷原P

 <詳細報告・所感等>

 日帰り組とで総勢9名での入山は本当に楽しい。私にとって泊りでの冬山は数年振り位。寒さ対策や体力など心配はあったが、うきうきする入山となった。大谷原の雪は少ないが、赤岩尾根は新雪があり冬山合宿らしい山行となった。日帰りの仲間に助けられ順調にトレースができたが、4日間使っても、残念ながら鹿島槍まで届かなかった。しかし、大谷原から赤岩尾根を主稜線まで私たちでラッセルし、雪を冬山を思い切り堪能した。願わくば、ここに新人がいたらと思う。いい山での、いい仲間との合宿だった。

<12月30日>曇から晴

 スキー場もブッシュが見えるような状態で雪は少ない。私たちが降雪後の初トレースらしい。林道入り口では積雪10㎝程だったが、大冷沢を渡ってから深さが増し、体もほてってくる。日帰りのN、O、Nがずっとラッセルしてくれる。西俣出合からはワカンのラッセルになった。堰堤のトンネル出口からは膝上のラッセルで赤岩尾根末端へトラバースする。全日程組は荷が重く、風邪が抜けたばかりのSなど、ペースに差が出てきた。赤岩尾根もN、Oが古いペナント等に導かれ樹間の雪稜にルートを開いていく。新雪でなかなか踏み固まらず、一歩一歩がきつい。痙攣しそうになるのを騙しだまし高度を稼ぐ。1時過ぎ、体調やこの先の状況から、標高1700m付近の2張のスペースを幕営地とする。針葉樹の大木に囲まれた適地だ。全員終結して雪面をカットし、テントを設営する。晴れてきて東尾根の第一岩峰が見える。この間に、Kはもう少しトレースを伸ばす。

 全員集まると4人用テントに6人は狭く足が延ばせないが、暖かく楽しい。酒盛りをしながら、明日の行動を確認する。ここから伸ばす案も考えられたが、高千穂平付近まで上げ天候判断することに。体調不十分なのかSが静かだ。


      <12月31日>曇、晴

高千穂平付近に幕営適地を見つけ、できるだけ先までトレースをつけようと出発する。高千穂平の50m程手前に樹木に囲まれた適地を見つけ、ザックを下ろして高千穂平まで偵察するが風が強く、手前に幕営する。Sをテントキーパーに、トレース付けに向う。軽い風雪はあるが、気温は高く薄曇り。広い高千穂平から先は、古いペナントに導かれ、高度をあげながら雪壁・雪稜をトレースしていく。H、Kは快調にトレースを伸ばすが、他は遅れ気味、Kも胃腸の具合がおかしい。

岩混じりの雪稜の先、主稜線下の雪壁手前のダケカンバの痩せたプラトーまで来たが、残り時間とだいぶ離れたメンバーの調子から、本日はここまでとした。主稜線に風にはためくペナントが見える。声が聞こえ、冷池山荘が見えた。山荘前に10人位の人が見える。稜線はトレースがありそうだ。

下降時、県警ヘリが主稜線でホバーリングし、一人をピックアップしていった。稜線の風を切る回転翼がきれいな円形の雲となっていた。

 高千穂平にテント一張りが張られ、若者から下からのラッセルの感謝の言がある。

 今日は、大みそか。レコード大賞や紅白の話題も出るが、やはり山の話に花が咲いた。明日は、鹿島槍までとどくだろうか。今夜はSは元気回復。Kは胃が気になって酒も食も進まなかった。

<1月1日>曇り~晴。稜線は風雪

 高千穂平の先で、私たちの前を大谷原から来て快調に登る単独の男性、さらに先を昨日高千穂平に泊まった4人のグループが登っていた。休憩時に追い越した単独者は、スノーシューでぐんぐん登ってきたが、Hの「トレースを壊すなよ」のひと言。4人が先行していたが、それも一気に追い越していった。風で昨日付けたトレースが消えているようで、4人グループも私たちに吸収されて、体調に合わせた長い列になった。

 先行していた単独者、4人グループの先頭に主稜線下の雪壁で追いつく。左のブッシュ寄りにルートをとる。胸がつかえ、新雪の表層部分約25㎝を掻き落としてステップを刻み、膝で雪を押し付けないと立てない。表層は掻き落としても安定しており、下層は体重を支えてくれた。しかし、雪壁から主稜に続く雪稜に出た途端に全層ふかふかの雪となり、一歩ずつピッケルと手で雪を固め、何度か踏んでステップをつけて進む。4人組の先頭にワカンをつけて代わることを促したが、結局後をつくばかり、山荘方面から主稜線を下ってきたパーティーにも見物を決め込まれてしまった。

 稜線は雪稜から吹き曝しのガレた尾根となり、右に夏道へとガレ場の斜面を下った。樹林に入ると風雪でトレースが消され、見つけながら山荘をめざした。冷池山荘には大きなテント一張りが残されていた。一本取る。ここまでとの声も出たが、リーダーのもう少しの答えに、先へ進む。

 単独者が再び追い越し、トレースを追う。4人組はテントを山荘前に置き、鹿島槍まで行くようだ。

テント場を過ぎたところで鹿島槍から戻る山荘前のテントのグループと交差する。さらに一山越えたあたりで帰路を考えここまでとした。11時頃だった。

 山荘まで戻ると、先程交差したグループがテントをたたみ、帰路の準備をしていた。爺ヶ岳東尾根から登り、ジャンクションにベースのテントを設営しているとの事。ガイド登山のグループらしい。再び風雪のガレ場を登り、雪稜から雪壁に入ると嘘のように静かな山に変わる。写真を撮ったり山を眺めたりの下山となる。天狗尾根の天狗の鼻が望め、横山の遭難を思い目を閉じる。登高欲をそそる主稜線に続く雪稜を見ながらのんびり下り、高千穂平でも大休止となって記念のスナップ。

 明日は下山と大いに盛り上がりたかったが、アルコールが終わり残念ながら早々にお開きとなる。

<1月2日>晴

 今日は、無風好天のアタック日和だ。残念だがテントをたたみ、新雪をまとう鹿島槍、爺ヶ岳をカメラに収め下山する。初日の幕営地で一本。ウサギの足跡がいっぱい。赤岩尾根末端でも休憩し、堰堤のトンネル前でアイゼンを脱いだ。西俣出合からはスノボのシュプールがあった。本当に春のような陽気である。大冷沢の橋で振り返ると、陽光の中、真っ白に輝く鹿島槍ヶ岳の姿がくっきりと望めた。     

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000