[山域・山名] 飯縄山 滝ノ沢

  

[山域・山名] 飯縄山 滝ノ沢

[登山スタイル・目的] 沢登り

[期 間] 2016年10月23日

[コースタイム記録]

10/23(日) 長野発 7:00 原田新道 丸木橋 8:05 遡行開始

     9:30  樋状の滑滝  10:00 15mの滝  12:30 霊仙寺山登山道 

14:00 飯縄リゾートスキー場

[詳細報告・所感等]

 今回、M澤、H塚ともに2回目の滝ノ沢である。それぞれ過去に、個人で行っている。

何が魅力かと言えば、2万5千図に滝マークがないことと、こんな身近に滑滝と立派な滝が存在することだろ

か。水量が少なく15m滝までは川幅も狭く、両岸からは木の枝が張り出して少々うるさい。それでも、もう

一度遡行して滝の上に立ちたいと思い2人意を決した。15mの滝の手前に樋状の滑があり、10mほど続いているが、滑りそうな手がかりと足がかりで、H塚は無理。変わったM澤は、スルスルと上部へ抜けていったザイルを流してもらいH塚も何とか登った。15mの滝を目の前にし、色々と探ってみるが登れるところがない。中間にバンドがありここまで行ければと思うが、垂直に近く表面が濡れていて、とても無理であった。

仕方なくバンドに繋がる右上ルートを選択し、草付きの微妙なところを切り抜ける。登った所に、庇があって大きな岩棚があるビバーク地には、最高の場所を見つけた。3~4人は入れるだろう。人が使用した形跡もないし動物も入っていないだろう。ここを、右上に回り込み、滝の上へ出ようと左へ進み沢を望みこむが難しそうな滝がある。また、沢に沿いながら登るが、同じような滝が現れ、遡上を諦める。ここから、霊仙寺山と飯縄山への稜線に出るのは、かなりの藪漕ぎを強いられるので、飯縄リゾートから霊仙寺山へ登ってくる

登山路へトラバースする最短の藪漕ぎを選ぶ。細い笹藪で滑り滑り何度も戻される。腕と足が悲鳴を上げ、そして2時間後、漸く登山道に出る。このルートファインディングは、M澤担当、正確そのものであった。 

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 新年明けまして   おめでとう ございます 本年も登山する皆さんが安全に登山されることをお祈りします 新年から登山される方には気になる事が、始まります  埼玉県が一部の地域において救助の有料化です  現在は埼玉県だけですが、登山者の心がけ次第で隣県する長野県、群馬県、山梨県にも広まるかもしれません  ぜひ、安全で計画的な登山をしてください

0コメント

  • 1000 / 1000