[山域・山名] 旧日電歩道(黒四ダム~阿曽原~欅平)

[山域・山名] 旧日電歩道(黒四ダム~阿曽原~欅平)

[登山スタイル・目的] 秋の下ノ廊下を楽しむ

[期 間] 2016.10.14(金)~15(土)

[コースタイム記録]  

10月14日

 5:00長野発→6:10大町温泉郷→扇沢、7:30トロリーバス始発→黒四ダム、7:55出発~

9:00内蔵助谷出合~10:00鳴沢小沢出合~11:00別山谷出合~12:50十字峡~14:30東谷吊橋広場

~16:00阿曽原温泉小屋

10月15日  

 3:50起床、5:45小屋発~6:30(根曲り竹の平)~7:25折尾谷~8:30志合谷トンネル通過~10:50欅平

 

[詳細報告・所感等]  

 いつもの中高年組と元気印の伴さんとで、黒四ダム建設のパワーと執念に思いを馳せつつ、最高の天気の下、

紅葉が始まろうとする旧日電歩道を、楽しんできました。

 

10月14日

 大町温泉郷からマイカー回送社の車で扇沢に入る。寒さに一枚着込んでチケット販売を待つが、お盆の行列

は嘘のよう。芸人はだしの販売員の口上を聞き、トロリーバスへ。トンネル出口では、少ないと思った登山者も、

ダムの放流を見ている間に次々に下ってきた。

 扇沢でちょっと雲が出たが、抜けるような秋の空になる。青空に、始まったばかりの紅葉がよく映える。内蔵

助谷出合には、追い越されたグループがたくさん休んでいた。丸山東壁を攀じる姿はなし。出合の先、左岸と巨

大な転石が作るS字の淀みに岩魚が群れている。鳴沢小沢出合の対岸で小休止。大タテガビンを回り込み、岩壁

を穿った桟道となってBNさんの歓声が上がる。新越沢の出合の滝を過ぎ、いつもの年なら残る残雪のデルタがな

い。急な丸太梯子の登り下り、さらに大へつりの通過に、BNさん今度は緊張の様子。別山谷出合も大勢休んでい

た。一昨年歩いた時より、荒れているようだ。白竜峡辺りも木の桟橋が垂れさがっている箇所が多く、ちょっと

張られたザイルや鉄線を握る手に力が入る。長雨で十字峡前の岩壁から落ちる水量が多く、頭から水を浴びる。

 エメラルド色の十字峡に架かる吊橋を大きく揺らして通過。いつか剣大滝を見たいものだ。半月峡、S字峡と

高度感ある桟道が続き、黒四発電所から出る送電線下の下りを過ぎると、東谷の吊橋を渡る頃には、かなり疲労

が蓄積した。

 道路歩きから人見平へのトンネル道で雰囲気が変わったが、事務所裏の急登にBNさんがあえぎ、温泉小屋での

ビールを渇望する。がんばって登り切り、木々の多い桟道を岩壁の襞に合わせて進む。谷に陽がささなくなる頃、

阿曽原に着く。一人二人用テントが多い。今は入浴料金までとられる。幕営ももどかしく、温泉より先にビール

の口を切る。

 

10月15日  

 できるだけ早く出ようということだったが、明るくなっての出発となる。急登して水平道になってから、梯子

を登って立派な根曲り竹の林を過ぎて上着を脱ぐ。折尾谷の堰堤のトンネルを通り、堰堤上で小休止。柴本お手

製の干し柿を頂く。うまい。

 高度感ときれいに岩壁をくり貫いた「大太鼓」でスリルを味わい、志合谷のトンネルでは頭と足元の水に気を

使って通過する。いいペースである。今日も多くのグループと追い越されたり、追い越したり。圧倒的な奥鐘山

西壁も過ぎ、少しずつ白馬方面の山が覗いてきた。登ってくるグループも増え、白い鉄塔から茶色の鉄塔下へと

進むと欅平への下りになる。トロッコ電車の音やアナウンスの声も聞こえてきた。だいぶ膝に来ていたが、やっ

とビジターセンターの茶色の屋根が見えてほっとした。

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000