[山域・山名] 雨飾山

[山域・山名] 雨飾山

[登山スタイル・目的] ピークハント、

[期 間] 2016/9/10~9月11日

[コースタイム記録]

9/10(土)   18:00 登山口天場 

9/11(日) 5:20 雨飾登山口 8:30 雨飾山 11:10  登山口

[詳細報告・所感等]

久々の前日発のゆったりした山行であった。2011年の長山協50周年記念登山から、早5年が経過している。

その間個人的には、翌年の6月にここを登った。時期9月であるが、小雪と暖冬の影響で秋は、例年になく早く進んでいる。しかし、帰り道では、紫陽花のはなが咲いていた。不思議であった。

登山口から15分程の湿地帯を通過するのだが、左手に小沢があり、岩魚の泳ぐ姿が確認できる。

ここに来るたび、目を楽しませてくれる。これを過ぎると左手に折り曲がり急登となる。登り着くと、ブナ林に囲まれる。目印の赤ペイントで、大きな○を書かれたブナが、人工的な木に思えてくる。

ブナに赤ペイントは相応しくない。他の道印を考えよう。荒菅沢を渡り、笹平へ向かうメインの急登にさし

掛かる。尾根道ではあるのだが、ところどころ道がえぐられ、深く切れ込んでいる。百名山の証なのだろう

アサヒビールの梯子を2回通過すると、笹平着。ここからは、右手に金山への縦走路がある。どれだけ利用していているのか解らない。平らな道を進み最後の登りを行き山頂に至る。出発してから、後続者に先を越され

あまり考えたくない事態ではあるが、体力の低下は確実に進んできている。 

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000