谷川岳

 [山域・山名] 谷川岳
 [登山スタイル・目的] ピークハント
 [期 間] 2016.8.6(土)
 [コースタイム記録]   8/5、19:15中野発~21:45谷川岳ロープウェー駐車場
 4:30起床、5:10発~6:00一ノ倉沢出合~6:20幽ノ沢出合~6:55芝倉沢出合、7:10発
 ~7:35渡渉点~8:20尾根~8:43K峰上、9:00発~10:27一ノ倉岳~11:55谷川岳
 ~肩の小屋12:15発~13:00厳剛新道分岐~14:20マチガ沢出合~14:40駐車場
 
 [詳細報告・所感等]  
  『日本登山体系:南会津・越後の山』を枕元で読み、谷川岳を見たいなと思いたった。白毛門からは
 日帰り困難で、蓬峠も時間がかかりそうで、中芝新道からが一般向きではないが日帰りにちょうどいい。
 h塚さんの同行もいただき、暑さには参ったがいい山行だった。ただ、カメラを忘れ残念だった。
 
  天神平の稜線が朝日で染まる頃、地下駐車場を出発する。すでに何人か出て行ったが、西黒尾根に行っ
 たのか旧道を歩くのは我々のみ。快晴だが、早朝で日も差し込まず快適だったが、マチガ沢辺りから熱く
 なってくる。一ノ倉沢出合で看板と各ルートを見比べるが、圧倒的な迫力。雪渓は、本谷にちょっぴり残
 る程度だ。一ノ倉沢からは砂利道となり、最近補修されたばかりのようだ。幽ノ沢出合に自転車で入った
 単独者がガチャを広げていた。芝倉沢出合直前、車道が登山道に変わった。出合の先100メートルに滝が
 見える。一本取って、一般ルートではないとの案内板から新道に入る。
  転石の川原を進み、滝の手前の大きな黄色ペンキの丸い印から左岸の斜面に入って滝の上に出る。巨岩
 を残置のトラロープで越え、河原から再び左岸の斜面を登れば渡渉点だった。先着の単独者が休憩してい
 た。岩壁下の日蔭、沢から離れる前に休憩。持参したモモをかじる。ここから先は日陰はなさそうだ。
  渡渉点からすぐに堅炭尾根への斜面の急登になる。草付き、流水溝、カンテ状の箇所と、黄色ペンキと
 ピンクのリボンに導かれて高度を稼ぐが、日差しが強烈で汗が噴き出し首が熱い。植生が笹に変わってき
 て尾根に出たようだが、芝倉沢側の笹のじゅうたんに登山道があり、刈り払いされている。堅炭尾根の岩
 峰が迫って岩混じりの尾根となり、岩峰のブッシュ帯の中で日差しを避けて休む。一ノ倉尾根の上部のス
 カイラインが切り立っていてすごい。武能岳が近く、蓬峠のコル、七ツ小屋山、その左に清水峠の小屋が
 望める。対岸の白毛門はなかなか立派である。
  h塚さんは、強烈な日差しを避け傘を出した。次のギャップを越えると一旦ゆるい笹の尾根となった。七ツ
 小屋山の向こうに大源太山が見えてくる。マッターホルンに見えなくもないか。続く岩場を右から巻き気
 味に越えると広く大きな笹の斜面となり、その中を刈り払われた登山道が続いていた。何しろ熱いし、汗
 だくで足が重い。一気には登れず、笹原の中の灌木の日陰で一本を取り、水と行動食を摂る。ちょっと元
 気を取り戻し、もう一踏ん張りすると笹の斜面の上に人が一人見えてきた。傾斜が落ち、登山道の掘れが
 大きくなると、ひょいと一ノ倉岳の標柱前に出た。出口は、人があまり入らないようにしっかり刈り払い
 をしてないようだ。でかいドラム缶を切ったようなドーム型の避難小屋を覗く。10人くらい入れるか。
  先を急ぐと、オキノ耳に多くの登山者が見える。ノゾキまで結構下る。登山者とすれ違っていて、一ノ
 倉沢を覗くのを忘れた。覗いてみるとテールリッジが判るから、中央稜や南陵なのだろうが、若かりし頃
 本当に登ったのかと、二人とも不思議に感じ、今は尻の穴がモゾモゾとしてきた。
  オキノ耳の先で一本取り、トマノ耳の頂上では方位盤で遠くの山を確認し、肩の小屋で缶ビール開ける。
 登山者が多い。西黒尾根の下りは、登ってくるグループがまだまだいた。コースは岩部分が多い。樹林と
 なって、コル状の所に巌剛新道の分岐があった。途中東尾根を見たが、東南稜もその取り付きもよく分か
 らなかった。長い下りで膝が笑いそうになる頃、小さな沢が現れ

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 新年明けまして   おめでとう ございます 本年も登山する皆さんが安全に登山されることをお祈りします 新年から登山される方には気になる事が、始まります  埼玉県が一部の地域において救助の有料化です  現在は埼玉県だけですが、登山者の心がけ次第で隣県する長野県、群馬県、山梨県にも広まるかもしれません  ぜひ、安全で計画的な登山をしてください

0コメント

  • 1000 / 1000