穂高縦走

 [山域・山名] 槍・穂高 北穂高岳
 [登山スタイル・目的] 縦走・ルート踏査
 [期 間] 2016/7/30~8月1日
 [コースタイム記録]  
 7/30(土) 14:00 新穂高ロープウェイ  17:45 槍平小屋
 7/31(日) 6:00 槍平小屋  南岳小屋 10:00 北穂高岳 13:30
 8/1(月) 北穂高岳 6:00 涸沢 8:30 横尾 10:00 上高地 12:30 新穂高 14:30
 
 [詳細報告・所感等]  
 7/30 新穂高ロ-プウェイの駐車場についたのは、13:30ころであった。そこを、出ると5分後に激しい雨と
 なる。ロープウェイ口に向かう山道を下り、カッパを着こみ漸く槍平の小屋を目指し歩きはじめた。
 穂高平小屋までは、途中ショートカットルートの登り勾配の道をいく。そこからは、未舗装の車道を白出沢まで進む。
 白出沢出合からは、道も狭くなり本来の登山道となる。コースタイム4時間という1日目の行程であるが、長く
 感じられ疲れも出てきた。チビ谷当たりを過ぎるころ、雨があがりカッパを脱いで行動する。30分ほどで、
 槍平小屋に到着した。遅めの出発で到着時間も、18:00近くなってしまった。
 7/31 朝から晴れて気持のよい出だしである。小屋の裏手からすぐに急登となった。これが3時間強続き、
 終始ローペースで、南岳小屋まで歩いた。途中尾根が開け登り始めの槍平小屋も足下に見える。また、本日の
 目的地、北穂高岳も右前方に見える。南岳小屋で大休止を取り体の疲れを取る。20人程の外国人パーティの
 20分ほど後から、出発する。南岳小屋を下り、最低コル休止。先行する大パーティは、長谷川ピークにさしかかり
 そこから、動きが鈍くなっていた。この先、追いつくのではないかと心配したが、我々も長谷川ピークに差し
 掛かりその実態が分かった。ピークからの下りが、両側に切れていて、戸隠の蟻の塔わたりに匹敵するような
 難所であった。停滞するのは仕方がない。慎重に進み通りこす。ここから少し下って最後の岩場を乗り越え
 左にトラバースしていくと、滝谷展望台。下をのぞきこむも、視界なし。あきらめて、さきを進む。ここから
 200mで北穂高小屋との道標があり、わずかな時間で小屋の北側へでた。
 8/1 本日予定では、穂高岳山荘から白出沢沿いの登山道を下る予定であったが、体調がよくないものがおり
 涸沢へ下り上高地へ出て、バスで新穂高まで戻るという行程に変更した。月曜日にも関わらず、涸沢街道は
 たくさんの人たちで賑わっていた。

Groupe Des Moraines

長野市の山岳会グループ・ド・モレーヌです。 まだ高い山は雪山ですが グリーンシーズンが到来です この時期は暑くもなく寒くもなく快適な登山ができて本当に楽しい季節です 高い山に登るとまだ沢山の雪が残っていて北アルプスに登りに行くと雪が合えばグリセードで帰ってこれるので楽チンに帰ってこれるのでとても良い時期ですね 長野県の山はまだ雪山の場所が多いの安全に登って無理をしないよにしてください

0コメント

  • 1000 / 1000